コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジョルカ島 マジョルカトウ

3件 の用語解説(マジョルカ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マジョルカ‐とう〔‐タウ〕【マジョルカ島】

マリョルカ島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マジョルカ島
マジョルカとう

マヨルカ島」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マジョルカ島
まじょるかとう
Majorca

ヨーロッパの地中海西部、スペインバレアレス諸島の主島。「マジョルカ」は英語読みで、現地のカタルーニャ語読みでは「マヨルカ」となる。また、スペイン(カスティーリャ)語名はマリョルカ島Mallorca。面積3640平方キロメートル。同諸島中最大で、名称は「大きな島」の意。諸島の総人口84万1669のうち、67万6516人(2001)がこの島に住む。中心都市は南西岸のパルマで、バレアレス県の県都となっている。イベリア半島のペニ・ベティカ山脈の延長にあたり、島の西側と東側にそれぞれ北東―南西方向の山地が連なる。西側のアルファビア山脈には島の最高峰プイグ・マヨールPuig Mayor山(1445メートル)がそびえる。東側は北東端のモレイ山(562メートル)が最高点で、全体的に低く、鍾乳洞(しょうにゅうどう)が多い。両山地の間は広い平野で、野菜、穀類、オリーブ、アーモンド、イチジク栽培などの農業が行われている。地中海性の温暖な気候で、年降水量は400~500ミリメートルであるが、西側の山脈は1200~1400ミリメートルと多く、森林に覆われている。有史前から居住がみられ、各民族が植民、パルマはローマ人が建設した(前122)。海賊の根拠地(9~13世紀)、マジョルカ王国(1262建設)を経て、アラゴン王国に合併された(1343)。島の北西部の小高い丘にある村バルデモサValldemosa(人口1708、2001)は、音楽家ショパンがジョルジュ・サンドとともに転地療養のために過ごした所として有名。島は1960年ごろから急速に観光開発され、北欧やドイツからの客で観光業が島の第1位の産業となっている。なお、マジョリカ陶器は、当地の商人が中世末にスペインからイタリアへ輸出した陶器に由来するイタリア製陶器で当地の産ではない。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マジョルカ島の関連キーワードマヨルカ島マリョルカ島メノルカ島パルマデマリョルカパルマデマリョルカ大聖堂バレアレスベイベール城マリョルカ[島]アルベニス:マリョルカ島(舟歌)/piano soloパルマ・デ・マリョルカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マジョルカ島の関連情報