コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マゼラン銀河 マゼランぎんが

2件 の用語解説(マゼラン銀河の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マゼラン銀河【マゼランぎんが】

マゼラン星雲とも。南半球で肉眼で見える不規則銀河。日本からは見えない。大小2個あり,大マゼラン銀河かじき座,記号LMC)と,小マゼラン銀河(きょしちょう座,記号SMC)からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マゼランぎんが【マゼラン銀河 Magellanic galaxy】

南天のきょしちょう座の小マゼラン銀河とかじき座の大マゼラン銀河からなり,1520年のF.マゼランによる世界一周航海のときに発見された。いずれも不規則銀河,または棒渦巻銀河の一種である。17万光年と銀河としてはもっとも近い距離にあり,ともに銀河系の伴銀河で,両者は連銀河をなし,また銀河系とともに三連銀河を形成している。全体の明るさは0.1等級と2.4等級で,10度と4度に広がっているので,南天では壮大な姿を見ることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マゼラン銀河の関連情報