コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチン科 マチンかLoganiaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マチン科
マチンか
Loganiaceae

双子葉植物リンドウ目の1科。古くはフジウツギ科を含めて広義のフジウツギ科とされたが,近年の分類では狭義のフジウツギ科を独立させて,残りの大半をマチン科としている。おもに新旧両大陸の熱帯に7属約 130種がある。高木,低木,草本,つる植物など多様であるが,いずれも単葉を対生し,4~5数性の両性花をつける。果実は蒴果液果となる。日本にはホウライカズラGardneria,アイナエ属 Mitrasacmeなどが本州以南の暖地や琉球列島に自生する。南アメリカ熱帯で矢毒の原料として有名なクラーレ Strychnos toxiferaもかつては広義のこの科に入れられたが,今日では独立科 Strychnaceaeとされることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マチン科
まちんか
[学]Logariaceae

双子葉植物、合弁花類。草または常緑の木。葉は対生し、全縁で基部に托葉(たくよう)状の突起がある。花は4、5数性で放射相称。雄しべは花筒内に付着する。花柱は先が二裂し、子房は二室。果実は(さくか)、石果または液果。熱帯を中心に18属約500種あり、日本にはアイナエ属2種、ホウライカズラ属3種、オガサワラモクレイシ属1種が分布する。また東南アジアに分布するマチン属のマチン(馬銭)は猛毒のストリキニーネをもつので知られる。フジウツギ属が本科のものとして扱われることがあるが、別の科(フジウツギ科)である。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マチン科の関連キーワードオガサワラモクレイシ(小笠原木茘枝)カロライナジャスミンチトセカズラアイナエヒメナエクラーレ千歳葛馬銭子蓬莱葛ホミカ番木鼈山崎馬銭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android