マチン科(読み)マチンか(英語表記)Loganiaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マチン科
マチンか
Loganiaceae

双子葉植物リンドウ目の1科。古くはフジウツギ科を含めて広義のフジウツギ科とされたが,近年の分類では狭義のフジウツギ科を独立させて,残りの大半をマチン科としている。おもに新旧両大陸の熱帯に7属約 130種がある。高木,低木,草本,つる植物など多様であるが,いずれも単葉を対生し,4~5数性の両性花をつける。果実は蒴果液果となる。日本にはホウライカズラGardneria,アイナエ属 Mitrasacmeなどが本州以南の暖地や琉球列島に自生する。南アメリカ熱帯で矢毒の原料として有名なクラーレ Strychnos toxiferaもかつては広義のこの科に入れられたが,今日では独立科 Strychnaceaeとされることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マチン科
まちんか
[学]Logariaceae

双子葉植物、合弁花類。草または常緑の木。葉は対生し、全縁で基部に托葉(たくよう)状の突起がある。花は4、5数性で放射相称。雄しべは花筒内に付着する。花柱は先が二裂し、子房は二室。果実は(さくか)、石果または液果。熱帯を中心に18属約500種あり、日本にはアイナエ属2種、ホウライカズラ属3種、オガサワラモクレイシ属1種が分布する。また東南アジアに分布するマチン属のマチン(馬銭)は猛毒のストリキニーネをもつので知られる。フジウツギ属が本科のものとして扱われることがあるが、別の科(フジウツギ科)である。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android