マッデンジュリアン振動(読み)マッデンジュリアンシンドウ

デジタル大辞泉の解説

マッデンジュリアン‐しんどう【マッデン・ジュリアン振動】

赤道上空で、対流の活発な領域が30~60日周期で東へ移動していく現象。数千キロメートルにおよぶ積乱雲群がインド洋から太平洋上へと移動し、局地的に強い降水をもたらす。名称は、マッデンとジュリアンによって発見されたことから。赤道季節内振動。MJO(Madden Julian oscillation)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android