コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツバガニ(松葉蟹) マツバガニHypothalassia armata

1件 の用語解説(マツバガニ(松葉蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マツバガニ【マツバガニ(松葉蟹) Hypothalassia armata】

十脚目イソオウギガニ科の甲殻類(イラスト)。甲幅15cmに達する大型のカニ。甲は四角形で,赤褐色。甲の前側縁付近,はさみ脚および歩脚に黒色の鋭いとげが多数ある。水深10~50mの岩場にすみ,イセエビ用の刺網にかかる。食用とされることもあるが,個体数は多くない。房総半島沿岸から沖縄までとオーストラリア南部から記録されている。夏に産卵する。食性はわからない。なお,クモガニ科のズワイガニも島根県や鳥取県ではマツバガニと呼ばれるがまったくの別種である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマツバガニ(松葉蟹)の言及

【ズワイガニ】より

…甲殻綱クモガニ科のカニで,水産上の重要種(イラスト)。鳥取・島根両県をはじめ各地でマツバガニと呼ぶが,イソオウギガニ科にマツバガニの和名のついた別種のカニがいる。福井県近辺ではエチゼンガニと呼ぶ。…

※「マツバガニ(松葉蟹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone