コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナティー まなてぃー Manatee

翻訳|Manatee

6件 の用語解説(マナティーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

マナティー

海牛目マナティー科に属する水生哺乳類。米フロリダ州からブラジルにかけての東海岸・河口部に生息する「アメリカマナティー」、アフリカ大陸の西海岸・河口部に生息する「アフリカマナティー」、南米アマゾン川に生息する「アマゾンマナティー」の3種に分類される。体長は2~4.5メートル、体重は200~600キロ。体は紡錘形で、前肢があり、尾びれは丸いしゃもじ形をしている。水草や海草などを食べる草食獣で、性質はおとなしい。繁殖能力は低く、1回に1頭の子どもを隔年で産む。食用や皮目的の乱獲で数が減少したため、現在はワシントン条約や各国の法律によって保護されている。しかし、人間による生息環境の変化や環境汚染、赤潮の発生など、マナティーの死因は一様ではなく、一層の保護活動が必要とされている。

(2013-3-14)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マナティー(manatee)

海牛(かいぎゅう)目マナティー科の哺乳類の総称。大西洋の湾やその周辺の大河川にすみ、全長約3メートル。前肢はひれ状、後肢は退化。尾はうちわ状のひれとなり、上下にあおいで泳ぐ。水草などを食べる。3種があり、分類上はゾウの近縁。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マナティー

カイギュウ(海牛)とも。カイギュウ目マナティー科の哺乳(ほにゅう)類3種の総称。体長はアメリカマナティーは3.7〜4.6m,アマゾンマナティーは2.5〜3m,アフリカマナティーは4m前後。
→関連項目シアン・カアン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マナティー【manatee】

カイギュウ目マナティー科の哺乳類の総称。フロリダからカリブ海南アメリカ北岸に分布するアメリカマナティー(イラスト),アマゾン川のアマゾンマナティー,西アフリカの河川,とくにニジェール川に多いアフリカマナティーの3種がある。海草やホテイアオイなどの水草を好んで食べる。体は紡錘形で尾部先端に中央部が後方に張り出したスペード状の水平尾びれがある。後肢は退化して外からは見えず,前肢は他の哺乳類と同様上膊(じようはく)から体外に出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マナティー【manatee】

海牛目マナティー科の哺乳類の総称。ジュゴンに似るが、尾は団扇うちわ状で丸い。体長2~3メートル。前足は胸びれ状となり、後ろ足は退化している。水中にすみ、水生植物を食べる。アフリカマナティー・アマゾンマナティー・アメリカマナティーの三種がある。ジュゴンと同じく人魚に擬せられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マナティー
まなてぃー
manatee

哺乳(ほにゅう)綱海牛目マナティー科に属する水生動物の総称。この科Trichechidaeの仲間は、大西洋沿岸の熱帯・亜熱帯域に1属3種が現存する。アメリカマナティーTrichechus manatusは、西インド諸島からメキシコ湾、ギアナ地方にかけての沿岸部に生息し、体長3.3メートル、体重500キログラムに達する大形種である。アフリカマナティーT. senegalensisは、アフリカ西岸のセネガルからアンゴラにかけて生息し、形態はアメリカマナティーに似ている。以上の2種は河川、河口、海水域ともにみかけられる。アマゾンマナティーT. inunguisは、アマゾン水系にのみ生息し、海に移ることはない。体長2.3メートル、体重200キログラム程度の小形種である。
 マナティーは祖先をゾウと同じくし、第三紀始新世には陸上生活を営んでいたが、外敵を逃れて水中に移りすんだといわれる。体は水中生活に適した紡錘形でやや扁平(へんぺい)。前肢は胸びれとなりやや長く、左右で餌(えさ)を挟み口まで運ぶ。後肢はない。尾びれは大きくしゃもじ状の長円形で、これを上下にあおりゆっくりと泳ぐ。目は小さく、視力は弱い。外耳はなく、内耳は発達している。頭部は小さく、よく発達した上唇をもち、その周辺に太い触毛があり、これで餌を選別する。全身にまばらに細毛がある。頸椎(けいつい)骨は多くの哺乳類より1個少なく6個である。草食獣で、水辺のマングローブや水草、ホテイアオイを採食する。一般に夜行性で、性質はおとなしい。食肉の目的で乱獲され減少したため、現在はワシントン条約によって保護されている。近縁種には海産のジュゴンがあり、この種は人魚伝説のモデルとなったといわれる。[園田成三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマナティーの言及

【カイギュウ(海牛)】より

…カイギュウ目Sireniaに属する哺乳類の総称。現在よりも過去に繁栄した動物で,現生種はジュゴン1種とマナティー3種の計4種だけである。体は紡錘形で,前肢はひれ状,後足は退化して見えない。…

※「マナティー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マナティーの関連キーワードワラビー儒艮フラタナティールミナティバス非霊長哺乳類カイギュウ(海牛)ミズトガリネズミ(水尖鼠)アフリカマナティーアマゾンマナティー海生哺乳類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マナティーの関連情報