コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニ Mani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニ
Mani

[生]215/216. 南バビロニア
[没]274頃.グンデ・シャプール
ペルシアの宗教家,マニ教創始者。ギリシア名 Manēs,ラテン名 Manichaeus。宗教家であった父のもとで育ち,幻視に見た天使から新しい宗教を伝えよと命じられた。インドに伝道して成功し,帰国してシャプール1世に迎えられたが,バフラム1世治下ゾロアスター教徒の攻撃を受け,捕えられて死んだ。アダム,エノク,釈尊,ゾロアスター,イエスらは真の宗教を教えた預言者であったが,地方的存在にとどまったのに対し,みずからは普遍的伝道者であると自称し,その教えの伝播に力を注いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マニ(Mani)

[216~277]マニ教開祖ペルシア人でバビロニア生まれ。24歳のとき啓示を受けてマニ教を創始。自らを光明界からの聖なる預言者としたが、ゾロアスター教から迫害を受け、処刑された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニ
まに
Maniペルシア語
Manes英語
Manikhaosギリシア語
Manichaeusラテン語
(216―277)

ペルシア人のマニ教の創始者。バビロニアに生まれた。両親ともに貴族出身。父パテーグは洗礼派に属していた。12歳のとき第1回の啓示に接し、24歳のとき第2回の啓示に触れて召命を経験、新教団設立を決意して父の教団を離れた。北西インドで伝道したが、バビロニアに戻りシャープール1世兄弟を改宗させ、ササン王朝をはじめペルシア王国内に伝道、ローマ領内にも宣教師を送った。バーラーム1世の治下、ゾロアスター教の僧侶(そうりょ)に憎まれ、277年王命により召喚を受け、投獄され刑死した。[加藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマニの言及

【マニ教】より

…イラン人マニMani(216‐276∥277。正確にはマーニーMānī)によって3世紀に創始,唱導された二元論的宗教。…

※「マニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マニの関連キーワードアルバート・V. ル・コックパトリック・リー ファーマーイブン・アルムカッファーマネス) マーニー(マニイブン・アンナディームシャープール(1世)アウグスティヌスマニ教・摩尼教アウグスチヌス大雲寺(中国)バル・ダイサンオルミズド1世グノーシス主義ディデュモスマズダキズムパルティア語パフラビー語ボゴミール派武宗[唐]回紇・回鶻

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マニの関連情報