コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニ マニ Mani

3件 の用語解説(マニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニ
マニ
Mani

[生]215/216. 南バビロニア
[没]274頃.グンデ・シャプール
ペルシアの宗教家,マニ教の創始者。ギリシア名 Manēs,ラテン名 Manichaeus。宗教家であった父のもとで育ち,幻視に見た天使から新しい宗教を伝えよと命じられた。インドに伝道して成功し,帰国してシャプール1世に迎えられたが,バフラム1世の治下,ゾロアスター教徒の攻撃を受け,捕えられて死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マニ(Mani)

[216~277]マニ教の開祖。ペルシア人でバビロニア生まれ。24歳のとき啓示を受けてマニ教を創始。自らを光明界からの聖なる預言者としたが、ゾロアスター教から迫害を受け、処刑された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニ
まに
Maniペルシア語
Manes英語
Manikhaosギリシア語
Manichaeusラテン語
(216―277)

ペルシア人のマニ教の創始者。バビロニアに生まれた。両親ともに貴族出身。父パテーグは洗礼派に属していた。12歳のとき第1回の啓示に接し、24歳のとき第2回の啓示に触れて召命を経験、新教団設立を決意して父の教団を離れた。北西インドで伝道したが、バビロニアに戻りシャープール1世兄弟を改宗させ、ササン王朝をはじめペルシア王国内に伝道、ローマ領内にも宣教師を送った。バーラーム1世の治下、ゾロアスター教の僧侶(そうりょ)に憎まれ、277年王命により召喚を受け、投獄され刑死した。[加藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマニの言及

【マニ教】より

…イラン人マニMani(216‐276∥277。正確にはマーニーMānī)によって3世紀に創始,唱導された二元論的宗教。…

※「マニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マニの関連キーワード新バビロニアバビロニア語カッシートバビロン第一王朝カルデア新バビロニア王国バビロン5新バビロニア語バビロニア・タルムードバビロニア捕囚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マニの関連情報