マビューズ(英語表記)Mabuse, Jan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マビューズ
Mabuse, Jan

[生]1480頃.エノー,モブージュ
[没]1532. ブレダ
フランドルの画家。本名 Jan Gossaert。アントウェルペンで画家として知られていたが,ユトレヒト司教フィリップの宮廷画家となり,1508~09年ローマに遊学。ユトレヒト,ブリュージュ,ブリュッセルなどでイタリア・ルネサンス様式を紹介し,神話画,肖像画を描いた。 24年のフィリップの死後はミデルブルフに引退,フィリップの甥アドルフに仕えた。作品は『東方三博士の礼拝』 (1509~11,ロンドン,ナショナル・ギャラリー) ,『ヤン・カロンドレ』 (17,ルーブル美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マビューズ
まびゅーず
Mabuse
(1470/80―1532)

フランドルの画家。本名をヤン・ホッサールトゴーサルトJan Gossaert)といい、モーブージュに生まれる。おそらくブレダで没したと推定される。1503年アンベルスの画家組合に登録されている。08~09年ブルゴーニュ公フィリップに随伴してローマに赴き、古代ローマの建造物や彫刻作品をデッサンする。帰国後は公の宮殿のために装飾の仕事をした。タブローでは神話的主題や聖母像や肖像画を描き、フランドルとイタリアの伝統の総合を果たし、マニエリスムに道を開いた。代表作は『聖母を描くルカ』(プラハ国立ギャラリー)、『ダナエ』(ミュンヘン、アルテ・ピナコテーク)、『少女像』(ロンドン、ナショナル・ギャラリー)など。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマビューズの言及

【ホッサールト】より

…フランドルの画家。生地名から〈マビューズMabuse〉の通称がある。数年間ブリュージュで働いた後,1503年アントウェルペン(アントワープ)で自由親方に登録。…

※「マビューズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android