マミズクラゲ(真水水母)(読み)マミズクラゲ(英語表記)Craspedacusta sowerbyi

世界大百科事典 第2版の解説

マミズクラゲ【マミズクラゲ(真水水母) Craspedacusta sowerbyi】

ヒドロ虫綱ハナガサクラゲ科に属する淡水産の腔腸動物(刺胞動物)(イラスト)(イラスト)。ヨーロッパ北アメリカ,中国などの温帯域に分布しており,日本では1928年に東京大学の研究室の水槽で初めて発見された。その後,報告がなかったが,46年以降は北海道から九州までの各地で8~10月に池や貯水槽などからしばしば見いだされるようになった。 傘は直径2cmくらいまでの半球状で,無色透明。傘の縁には100~200本の長さがさまざまな触手が並んでいるが,これは成長の程度によって異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマミズクラゲ(真水水母)の言及

【腔腸動物】より

…ポリプとクラゲの両方の型をもつものが多いが,一つの生活史で両方の型が明らかにされている種類はそう多くはない。北海道の厚岸(あつけし)地方に産するキタクラゲや淡水産のマミズクラゲなどはクラゲの直径が20mmほどで容易に気がつくが,キタクラゲのポリプは高さ0.3~0.5mmで1本の触手をもっているにすぎず,またマミズクラゲのポリプは1mmほどで長い触手をもたず,ときに泥をかぶっているので簡単には発見できない。 ギサンゴやイタミレポラのようなヒドロサンゴ類は共肉が石灰質を分泌してかたい骨格をつくるが,ポリプには餌をとらえる指状ポリプと餌を消化する栄養ポリプの2種類があって分業している。…

※「マミズクラゲ(真水水母)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報