コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マムシ マムシ Agkistrodon halys

2件 の用語解説(マムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マムシ
マムシ
Agkistrodon halys

トカゲ目クサリヘビ科。体長 45~60cm。体はやや太く,褐色の地色に黒い縁どりのある暗色の銭形紋が並んでいる。頭部は長三角形で頸部は細く,鼻孔と眼の間に大きな頬窩がある。上顎に1対の管状の毒牙をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マムシ
まむし / 蝮
pit viper

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目クサリヘビ科マムシ亜科マムシ属に含まれるヘビの総称。この属Agkistrodonの仲間は有毒で、左右の目の前下方に赤外線に敏感なピット器官pit(頬窩(きょうか))があり、12種が日本を含むアジア全域および北アメリカに分布する。クサリヘビ科の毒ヘビは、ピット器官をもつマムシ、ハブ、ガラガラヘビなどがマムシ亜科、ピット器官を欠くものがクサリヘビ亜科に分けられる。
 マムシ属の毒牙(どくが)は注射針と同じ構造の管牙で、きわめて短い上顎骨(じょうがくこつ)に接続し、通常は上顎と平行に倒れていて、獲物を攻撃するとき大きく口を開くと、上顎と直角におきてかみつくことになる。毒腺(どくせん)は大きく両頬部にあり、そのため頭部は幅広くほぼ三角形をしている。毒は細い導管によって毒腺から管牙の基部に送られる。頭頂部はよく分化した鱗板に覆われ、頸部(けいぶ)は細くて頭部から明瞭(めいりょう)にくびれている。胴はやや太く尾は短い。
 ニホンマムシA. blomhoffiは北海道、本州、四国、九州および伊豆七島、対馬(つしま)、大隅諸島(おおすみしょとう)に分布し、吐喇海峡(とからかいきょう)以北の日本に産する唯一の陸生毒ヘビとなっている。全長40~60センチメートル、最大75センチメートルほどで、むしろ毒ヘビとしては小形である。体色は茶褐色から赤褐色まで変異が多く、暗褐色の銭形斑紋(はんもん)が並ぶが、赤みの強い個体は俗にアカマムシとよばれ八丈島産に多く、黒化型もある。ニホンマムシは平地から山地の森林、耕地周辺、やぶなどにすみ、夜行性で昼間は薄暗い場所に潜むが、雨天や曇天には昼間でも行動する。瞳孔(どうこう)は縦長で、明るい場所では細く絞られる。暗夜でも、獲物や人間から放出される体温を1対のピット器官によって立体的に感知し、的確に攻撃することができる。動作は鈍(のろ)いが、人間が接近しても逃げることなく、その場で自衛の攻撃姿勢をとり、体長の3分の1ほどを伸ばして、音もなく飛びかかる。昼間でも保護色のため見分けにくく、また生息密度も高いため咬症(こうしょう)被害が多い。主成分は出血毒で、毒性はむしろハブよりも強いが、平均注入量が少ないため、致命率はきわめて低い。しかし応急処置ののち、血清治療を受けることが望ましい。卵胎生で夏から秋にかけて10頭前後の子ヘビを産む。
 ニホンマムシの近縁種は中国から中近東にかけて数種が分布し、東南アジアには森林性で毒の強いマレーマムシA. rhodostomaを産する。アメリカ合衆国産のヌママムシA. piscivorusとメキシコ産のメキシコマムシA. bilineatusは全長1~1.5メートル、胴が太くともに危険種で、とくに前者は攻撃的である。マムシ類は日本や南アジアで薬用酒や民間薬用として用いられる。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マムシの関連キーワードクサリヘビ毒牙ヨーロッパクサリヘビラッセルクサリヘビがらがら蛇鎖蛇アスプクサリヘビスナクサリヘビトゲクサリヘビラタストクサリヘビ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マムシの関連情報