コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬用酒 やくようしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬用酒
やくようしゅ

薬酒。薬草や香味のすぐれたもの,そのほか医療や強精に役立ちそうな物質の成分を浸出させた酒。酒自体に催酔性があり,ストレスの解消に役立つほか,病弱者やショックに陥った者に,一時的に機能を促進させる効果をもっているが,さらにアルコールが物質を溶解,浸出させる性質を利用して有効成分を加えたもの。屠蘇 (とそ) ,梅酒,枸杞 (くこ) 酒,にんにく酒,まむし酒,すっぽん酒,忍冬 (にんどう) 酒,保命酒,中国では五加皮酒などがある。ヨーロッパのベルモット,リキュール類,果実酒なども一種の薬用酒である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

やくようしゅ【薬用酒】


薬酒。⇒薬酒

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薬用酒
やくようしゅ

薬効をもった酒。生薬(しょうやく)を酒で浸出し、砂糖などで味をととのえたもの、あるいはこれに麹(こうじ)などを加え、みりん醸造のような工程をとったものもある。薬用酒には二通りある。
(1)「薬用酒」と称して、薬事法の規定によりつくられ、薬効をもつもの。これは厚生労働大臣の許可を得て、酒としての免許をもち、薬局で販売されている。
(2)「薬味酒」と称するもので、薬事法の適用を受けず、薬効といっても保健的な意味をもった薬酒である。酒店で販売されている「養命酒」や「陶陶酒」はこれに属する。
 現在普通に用いられている生薬は人参(にんじん)、地黄(じおう)、虎骨(ここつ)、白朮(びゃくじゅつ)、五味子(ごみし)、当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、茯苓(ぶくりょう)、甘草(かんぞう)、反鼻(はんび)、枸杞子(くこし)、五加皮(ごかひ)、杜仲(とちゅう)、黄蓍(おうぎ)、肉(にくじゅうよう)、淫羊(いんようかく)、桂皮(けいひ)、防風(ぼうふう)などがあり、数種を混ぜ合わせて、不老長寿、強壮剤として調合される。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の薬用酒の言及

【薬酒】より

… 現在の日本の酒税法では,アルコール分1%(容量百分比)以上を含む嗜好(しこう)飲料は酒とみなされており,ビタミン剤などアルコール分を含むが嗜好性のないものは酒として取り扱われない。酒類としての薬酒には酒販店で売られている〈薬味酒(やくみしゆ)〉と薬局で販売されている〈薬用酒〉とがある。後者はその薬効について薬事法の規定により厚生大臣の認可をうけた酒である。…

※「薬用酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

薬用酒の関連キーワードその他の身近な山野草ウーチヤーピーチウ養命酒製造ハスカップヤクチュ虎骨酒マムシハーブツクシ忍冬酒ソジュ強壮剤五加皮コカ酒貧血芋酒飲用

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬用酒の関連情報