コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメコガネ マメコガネ Popillia japonica; Japanese beetle

3件 の用語解説(マメコガネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マメコガネ
マメコガネ
Popillia japonica; Japanese beetle

鞘翅目コガネムシ科。体長 10mm内外。体は緑色で上翅は赤褐色。頭部は小さく,前胸背後縁は後方に張出すが中央部小楯板の前方でくぼむ。各腹節にそれぞれ1列の毛があり,尾節板には1対の白毛束がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マメコガネ

コガネムシ科の甲虫の1種。日本全土に分布。体長10mm内外,光沢ある緑黒色で,前翅の大部分は黄褐色。成虫は年1回夏に発生し,ブドウやマメ類などの葉を食害する。幼虫は土中にすみ根を食害する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マメコガネ
まめこがね / 豆金亀子
Japanese beetle
[学]Popillia japonica

昆虫綱甲虫目コガネムシ科に属する昆虫。日本各地に産する害虫で、1916年ごろ北アメリカに侵入し、数年の間にニューヨークからペンシルベニアへと分布を拡大し、大発生して農作物に大害を与えた。その後、さらに各地に広がり農業上の大害虫となった。英名はこのような事情からつけられたものである。体長約1センチメートルの卵形の甲虫。黒色で銅緑色の光沢があり、ときに赤銅色を帯び、上ばねは褐色で縦溝が並び、周縁が緑色に光り、尾節板には一対の白い毛の紋がある。成虫は5~10月にみられ、昼間活動しダイズ、ブドウ、クリをはじめ多種の植物の葉を害するが、夜間灯火にはこない。幼虫は土中にすむジムシで、シバや苗木などの根を食害し、成育には1、2年かかる。アメリカで大害が出た当時、アメリカ政府は横浜に調査所を設置して日本国内での天敵を探し、マメコガネツチバチなどを発見、アメリカに移入して駆除に利用した。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マメコガネの関連キーワード根切虫ヒメコガネヤンバルテナガコガネ釣鐘虫銅鉦蚉蚉黄金虫粉吹金亀子クソムシ(糞虫)コガネムシ(黄金虫∥金亀子)マメコガネ(豆黄金)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マメコガネの関連情報