コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリア[1世] Maria I

世界大百科事典 第2版の解説

マリア[1世]【Maria I】

1734‐1816
ポルトガル女王。在位1777‐1816年。ジョゼ1世の娘。即位すると夫をペドロ3世として共同統治を行う。ポンバル侯を退けたが,彼の政策はそのまま継承された。1792年発狂して国政から遠ざけられ,ドン・ジョアン(のちジョアン6世)が摂政についた。ポルトガルは18世紀末から植民地交易と国内産業の発展でかなりの繁栄をみるが,1807年フランス軍が侵入したため,王室はブラジルに亡命,以後急速に衰退した。【金七 紀男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマリア[1世]の言及

【ポルトガル】より

… 8世紀に始まるイスラム教徒に対するレコンキスタ(国土回復戦争)の進展とともに,フランスの影響下に数多くの宗教建築が建てられた。ロマネスクでは巡礼路様式のコインブラ旧大聖堂(1184),ゴシックへの移行期のシトー会様式ではアルコバーサAlcobaçaのサンタ・マリア修道院(1222)が,ゴシックではバターリャ・サンタ・マリア・ダ・ビトリア修道院(15世紀)が傑出している。この国の建築が偉大な個性を発揮したのは大航海時代で,時の王マヌエル1世(在位1495‐1521)にちなむマヌエル様式と呼ばれる建築様式が生まれた。…

※「マリア[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マリア[1世]の関連キーワードマリア1世ナポリ王国両シチリア王国マリア1世バイロン平敷屋朝敏シャルダンブルボン朝ボルテール池田瑞仙

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android