マリゴールド

百科事典マイペディアの解説

マリゴールド

メキシコ原産のキク科の一年草。園芸上は,草たけ50〜80cmの高性大輪で葉に臭気のあるアフリカンマリゴールドセンジュギクとも)と,高さ30〜40cmの矮性(わいせい)小輪のフレンチマリゴールドクジャクソウとも)の2種がある。葉は羽状に全裂。花色は黄・だいだい・赤褐色等で,一重咲・八重咲があり,花期は長く,初夏〜秋で,花壇,鉢植,切花用。両種の交雑種(一代交雑種)もつくられている。繁殖は実生(みしょう),さし芽も容易。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリゴールド【marigold】

キク科マンジュギク属Tagetesの一年草あるいは多年草で,中南米に30種以上が分布する。花壇や鉢植え,切花に栽培される園芸種マリゴールドの基となったのは,それらのうちT.erecta L.(改良種をアフリカン・マリゴールドAfrican marigoldと呼ぶ)とT.patula L.(改良種をフレンチ・マリゴールドFrench marigold(イラスト)という)である。前者は,マンジュギク(万寿菊),センジュギク(千寿菊)と呼ばれる大型種で,改良品は高さ80cm,粗く枝を分けて頂端に大きな頭状花をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android