コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリーアントワネット マリーアントワネットMarie-Antoinette

2件 の用語解説(マリーアントワネットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マリー‐アントワネット(Marie-Antoinette)

[1755~1793]フランスルイ16世の妃。マリア=テレジアの四女。浪費癖と無思慮な行動で民衆の反感を買い、フランス革命の際、国外逃亡を企てたが失敗し、革命の敵として処刑された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マリーアントワネット【Marie Antoinette】

1755~1793) フランス王ルイ一六世の妃。マリア=テレジアの娘。乱費と民衆蔑視で国民の反感を招く。フランス革命時に王政維持のため武力干渉を各国に要請、反革命の中心人物とみなされ処刑された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

マリーアントワネットの関連キーワード忠海鶴屋南北ルイ稲葉正明中山文七(2代)中山文七メルク修道院上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マリーアントワネットの関連情報