コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリーニ マリーニMarini, Marino

7件 の用語解説(マリーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリーニ
マリーニ
Marini, Marino

[生]1901.2.27. ピストイア
[没]1980.8.6. トスカーナビアレッジョ
イタリアの彫刻家。フィレンツェ美術学校を卒業後,パリで彫刻を学ぶ。 1929~40年モンツァの美術学校で教え,40~42年ミラノで活躍。初め肖像,群像彫刻を多く制作したが,1930年代中頃に始めた『馬』の連作で認められ,以来隠れた精神的なものを表現する緊張感あふれる馬と騎手像を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マリーニ(Marino Marini)

[1901~1980]イタリアの彫刻家。素朴な形態と躍動感あふれる表現を特色とし、肖像彫刻のほか、馬や騎馬像を好んで制作した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マリーニ

イタリアの彫刻家。トスカナ地方ピストイア生れ。フィレンツェの美術学校に学び,パリをはじめヨーロッパ各都市を旅行。エトルリア美術の影響を受けた力強い造形に特色がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

マリーニ

イタリアの作曲家、楽器奏者。1615年から20年まで、ヴェネツィアの聖マルコ大聖堂ヴァイオリニストとしてモンテヴェルディのもとで演奏した。

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリーニ【Marino Marini】

1901‐80
イタリアの彫刻家。ピストイア生れ。フィレンツェで絵画と彫刻を学んだのち,1928‐29年パリに赴き,このころより本格的に彫刻に取りくむ。36年ころから彼の作品の特徴となった馬と騎士というテーマを手がける。古代彫刻,とりわけエトルリア彫刻の影響が顕著で,素朴さと力強さが特色である。イタリアの具象彫刻界を代表する一人。40年よりミラノの美術学校教授をつとめた。【中原 佑介】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マリーニ【Marino Marini】

1901~1980) イタリアの彫刻家。肖像彫刻や、剛直素朴なフォルムの馬や騎馬像を制作。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリーニ
まりーに
Marino Marini
(1901―1980)

イタリアの彫刻家。ピストイアに生まれ、フィレンツェの美術学校に学ぶ。古代彫刻、とくにエトルリア美術の体験を根底にしながら、アルカイックな量感に満ちた人間像の彫刻から出発する。1930年代には「馬と騎士」が中心的なテーマとなり、それは60年代まで一貫して続く。さらに女性像「ポモナ」のシリーズがあり、そこでも古代的な母性のイメージが表される。第二次世界大戦を避けるためにスイスに赴き、その間アルプと知り合ったことなどから、作風は表現主義的な傾向を示し、馬と騎士の像は激しい運動感を加える。戦後はミラノに戻り、抽象的とまでいえる具象の限界に達するが、そこでもなお対象の生命力を失わない。48年と52年のベネチアビエンナーレ展で彫刻大賞を受賞。なお、石版などの版画も多く残している。[小川 煕]
『吾妻兼治郎解説『ファブリ世界彫刻集17 マリーニ』(1972・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マリーニの関連キーワード正岡子規カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル鏑木清方

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マリーニの関連情報