コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンサ・ムーサ Mansa Mūsā

1件 の用語解説(マンサ・ムーサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マンサ・ムーサ【Mansa Mūsā】

西アフリカ内陸に,13~14世紀に栄えたマリ帝国最盛期の王の名。マンサは王の称号で,カンカン・ムーサKankan Mūsāともいう。14世紀前半に在位したと思われる。マリ帝国はその版図内に大量の金を産出し,これをサハラ砂漠を越えた交易によって北アフリカ送り出していたが,1324‐25年にムーサ王が行った豪勢なメッカ巡礼と,その途中王がカイロで施した膨大な金についてのうわさは,〈黄金の帝国マリ〉の名を地中海世界に広めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のマンサ・ムーサの言及

【アフリカ】より

… トンブクトゥにはイスラムのウラマー(学者)も多数来住し,交易都市としてだけでなく宗教・学芸都市としても広く名を知られるようになった。マリの王マンサ・ムーサのきらびやかなメッカ巡礼(1324‐25)と,その往路カイロで施した膨大な金が,それ以前すでに地中海世界にひろまっていた〈黄金の帝国マリ〉の噂を伝説化し,イスラム勢力の支配する北アフリカを経ないで,海路〈黄金の国〉に到達しようという願望を地中海の北側の社会にひきおこした。この願望は,エンリケ航海王子を後援者とする,西アフリカへの金を求めての探検航海の起動力ともなった。…

【マリ】より

…この帝国の最盛期の14世紀には,その版図は今日のマリ,セネガル,ガンビア,さらにはモーリタニアの一部にまで拡大した。そしてこの最盛期に王位にあったマンサ・ムーサは1324年から25年にかけてサハラ,エジプトを経由してメッカまで巡礼を行った。 15世紀,マリ帝国の権勢が衰え始めたころ,これに代わって北東部のガオを本拠とするソンガイ帝国が興隆した。…

【マリ帝国】より

… マリに先行したガーナが,〈勢力圏〉としては没落した後,現在のマリ共和国の南西地方に勢力をもっていたソソ族の支配に反抗し,これを打破したマリンケ族のスンディアタという英雄(13世紀?)が,マリ帝国の始祖とされている。しかし神話的性格の濃厚なこの始祖が興した王朝と,14世紀にトンブクトゥの交易も支配下に収め,メッカに華やかな巡礼を行って(1324‐25)〈黄金の帝国マリ〉の名を広めたマンサ・ムーサ王の王朝とは,ひとつづきのものではないと考えられる。マリの都はいくつもあったらしいが,同一王朝が遷都しただけでなく,複数の王朝の交代や消長もあったとみなすべきであろう。…

※「マンサ・ムーサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マンサ・ムーサの関連キーワードアフリカゾウアフリカ菫アフリカ舞舞アフロブラックアフリカホワイトアフリカ南アフリカCFAフラン汎アフリカ主義ジェンネ旧市街

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone