コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンデス=フランス マンデスフランスMendès-France, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンデス=フランス
マンデスフランス
Mendès-France, Pierre

[生]1907.1.11. パリ
[没]1982.10.18. パリ
フランスの政治家。パリ大学で法律を学び,1928年法学博士,同年弁護士となった。 32~40年急進社会党下院議員。第2次世界大戦中ビシー政府に捕えられ,41年脱走,ロンドンに逃れ,42年自由フランス空軍に参加。 44年自由フランス臨時政府の経済相。 45年財政,経済政策がいれられず辞任。 46~58年下院議員として政府の経済政策,インドシナ・北アフリカ政策などをきびしく批判。 54年6月首相兼外相,インドシナ休戦のジュネーブ協定に調印,チュニジアの完全自治権を認めた。しかし経済,アルジェリア問題に対する急進的な政策から右派の離反を招き,55年2月辞任。 55~57年急進社会党副党首。 56年副首相。 58年総選挙で落選。 59年指導力の低下とともに離党し,その後統一社会党に加わった。 65年の大統領選挙では C.ドゴールに反対し F.ミッテランを支持。 67~68年下院議員。主著『現代の共和制』 La république moderne (1962) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マンデス=フランスの関連キーワードディスエンゲージメントジュネーブ協定インドシナチュニジア経済政策

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android