コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーカービーコン marker beacon

デジタル大辞泉の解説

マーカー‐ビーコン(marker beacon)

計器着陸装置ILS)のうち、進入コースの直上に向けて電波を発射して航空機に上空通過を確認させ、滑走路の着陸進入端までの距離を知らせる装置。滑走路端から約300メートル・1000メートル・7000メートルの地点にそれぞれ内側・中央・外側無線位置標識が設置される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マーカービーコン

地上局から真上にだけ電波を発信し,音や計器表示によって位置やコースを識別させる航空用無線標識。現在は主として計器着陸装置に使われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーカービーコン
まーかーびーこん
marker beacon

75メガヘルツのVHF電波を用いて、航空路あるいは計器進入経路を飛行中の航空機に対し、特定地点の上空を通過したことを音声および視覚信号で知らせる無線施設。航空機がこれを受信すると計器盤上にマーカービーコン表示灯が点灯するとともに音の信号を発するようになっている。これらのマーカーは、通常航路上に設置された無線施設と組み合わせ、あるいはILSの一部として使用される。マーカービーコンは、ファンマーカー(FM)、低出力ファンマーカー(LFM)、Zマーカーの三つの等級に分けられる。ファンマーカーは計器進入区域内にILSと併置され、Zマーカーは航空路上の特定点を示すために設置される。日本では低出力ファンマーカーがILSのアウターマーカー、ミドルマーカー、インナーマーカーとして利用されている。Zマーカーは出力5ワットで、計器飛行中の航空機に航空路上の特定点を示すものである。ファンマーカーには出力が100ワットと5ワットの2種類あり、前者は航空路に設置され、後者は計器進入区域内にILSと併置されている。[青木享起・仲村宸一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマーカービーコンの言及

【計器着陸装置】より

…1952年ICAO(イカオ)で,ILSに関する国際基準が制定されて以来,世界的にもっとも広く使用されており,日本では,61年10月に羽田の東京国際空港に設置されたのを初めとし,現在では全国の主要空港に配置されている。
[装置の概要]
 ILSはローカライザー,グライドパス,マーカービーコンの三つの装置から構成されている。(1)ローカライザーlocalizerは滑走路中心からの左右のずれを示すための装置である。…

【航空保安無線施設】より

… (1)には航空路設定の基準となるVORやNDBおよび距離測定用のDMEなどがある。また地点上空通過を知らせるマーカービーコンは,ILSとの組合せで用いられる。軍用としてはタカンがあるが,施設によっては,それらの機能を併せもつものもある。…

※「マーカービーコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マーカービーコンの関連キーワードNDB(non航空通信航空計器

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android