コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーダバ マーダバ Mādhava

5件 の用語解説(マーダバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーダバ
マーダバ
Mādhava

14世紀頃のインドの哲学者。『サルバ・ダルシャナ・サングラハ』の著者。不二一元論に属していたが,著書にはサーンキヤ説の影響が著しくみられる。ほかにミーマーンサーに関する "Jaiminīyan āyamālāvistara",ベーダーンタに関する "Pancadaśī"がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マーダバ【Mādhava】

マーダバの病因論》の著者として有名なインドの医者。700年ころの人で生没年は不詳。チャラカスシュルタバーグバタに次いでインド古典医学史上第4番目にあげられるが,前3者が《アーユル・ベーダ》体系の全体を論じたのに対し,マーダバははじめて〈病因論(ニダーナ)〉という一部門を詳述した。多くの点でチャラカとスシュルタに負ってはいるが,独自の見解もみられる。最近モイレンベルトG.J.Meulenbeldによる優れた研究書において本文といくつかの注釈書が英訳され,インド医学研究に欠くことのできない入門書になった。

マーダバ【Mādhava】

14世紀後半から15世紀前半に南インドのケーララ州で活躍した数学者,天文学者。生没年不詳。後の学者から〈天球を知る人〉とたたえられている。月の正確な位置の計算法を論じた《ベーヌ・アーローハVeṇuāroha》という作品が残っているが,後代の学者が伝える彼の業績のうち特に注目すべきものは,円周率と正弦関数を冪(べき)級数に展開したことである。これはグレゴリーニュートンライプニッツらによる展開式におよそ3世紀先行するものである。

マーダバ【Mādhava】

中世インドの哲学者。生没年は不詳。1350年ころ南インド,ビジャヤナガル王国の宰相も務めた。別名ビドヤーラニヤVidyāraṇyaともいう。ベーダの注釈者として著名なサーヤナとは兄弟であり,ベーダーンタ学派中の不二一元論派に属し,少なくとも14の著作が帰せられている。主著は哲学概説として有名な《全哲学綱要(サルバダルシャナサングラハSarvadarśanasaṃgraha)》で,唯物論をはじめとして順次に自派の哲学に近い体系へと筆を進め,全部で15の哲学説を概説し,最後に自派の不二一元論の叙述で終わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーダバ
まーだば
Mdhava

生没年不詳。1350年ころの、インド、ビジャヤナガル王朝の哲人宰相。多くの著作のなかでも『全哲学綱要』は諸哲学の通観的研究としてとくに名高い。この書では、自らの立場、不二一元論(ふにいちげんろん)派ベーダーンタ哲学を究極に、そしてこれともっとも対照的な思想である唯物論を対極に置き、その他の14の思想体系を両極との親疎関係に従って配列、各体系をそれぞれの典籍に基づいて客観的に叙述している。ベーダ注釈者として有名なサーヤナとは兄弟であるとされる。[倉田治夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーダバの関連キーワードアイネシデモスカピラシンプリキオス提婆バーダラーヤナ迦毘羅仙セクストスホエンペイリコストマスアクィナス竜樹ファザーリー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone