コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーモセット マーモセット Callithrix; marmoset

5件 の用語解説(マーモセットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーモセット
マーモセット
Callithrix; marmoset

霊長目キヌザル科キヌザル属に属するサルの総称。一般に小型で,体長 15~25cm,尾長 25~40cm。親指の爪は扁爪 (ひらづめ) ,それ以外の指では鉤爪である。また下顎の門歯は鉤状で,犬歯と同じくらい長い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マーモセット(marmoset)

霊長目マーモセット科(キヌザル科)の哺乳類の総称。小形の猿で、キヌザルライオンタマリンなどがあり、熱帯雨林に分布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マーモセット

キヌザルとも。霊長目マーモセット科の新世界ザルの総称。20〜30種に分けられる。アマゾン川流域を中心として,ブラジル,ギアナ,コロンビアパナマに分布する。一般に小型で頭胴長20cmくらいのものが多く,外見上あまりサルらしくない。
→関連項目サル(猿)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

マーモセット【marmoset】

霊長目マーモセット科の哺乳類の総称。頭胴長18~35センチメートルほどで、リスに似る。体色は変化に富む。森林に生息し、雑食性。中南米に分布。コモンマーモセット・ライオンタマリンなど約20種が含まれる。
のうち特にコモンマーモセットを指す。頭胴長20センチメートルほど。愛玩用に捕獲され、生息数が激減した。ブラジルに分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーモセット
まーもせっと
marmoset

広義には哺乳(ほにゅう)綱霊長目マーモセット科に属する動物の総称であるが、狭義かつ普通にはそのうちのマーモセット属のみをさす。この属名のCallithrixはギリシア語で美しい毛を意味し、それにちなんでキヌザルともよばれる。
 マーモセット科Callithricidaeの仲間は、新世界ザル(オマキザル上科)を構成している二つのグループのうちの一つで、身体が小さく、リスかネズミほどのサイズである。このためにポケットモンキーの名もある。そのほか、足の母指を除いてつめは鉤(かぎ)づめである、歯式は

の計32本である(ただしゲルディモンキーは

)などの点で、もう一つのグループであるオマキザル科とは区別される。マーモセット属、ピグミーマーモセット属Cebuella、タマリン属Saguinus、ライオンタマリン属Leontopithecus、およびゲルディモンキー属Callimicoの五つの属に分かれる。
 熱帯多雨林の中だけでなく、多くの場合それ以上に林縁や二次林、またもっと乾燥した植生に生息する。この類全体に共通した主要な食物は果実および昆虫、クモなどで、小形の脊椎(せきつい)動物を食べるものもいる。マーモセット、ピグミーマーモセットおよびタマリンは、樹脂、樹液もよく食べる。一般に数頭の集団で暮らしているが、このような集団が集まってより大きな地域集団をつくることがいくつかの種について報告されている。1産2子が普通で、3子もまれではない。マーモセットの種のほとんどは、人間の可聴域を超える高い周波数の音声(超音波)を発する。
 マーモセット属は、かつては10以上の種に分けられたが、現在ではコモンマーモセットC. jacchus、フサミミマーモセットC. humeralifer、およびシルバーマーモセットC. argentataの3種にまとめられることが多い。コモンマーモセットはブラジル東部全域に、他の2種はアマゾン川下流南岸とその支流およびパラグアイ川上流に分布する。他のマーモセット科の属に比べてより乾燥した環境を好むといってよい。生態学的研究は皆無に近い。[西邨顕達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマーモセットの言及

【キヌザル】より

…霊長目キヌザル科Callithricidaeに属する小型の新世界ザルの総称。マーモセット(イラスト)とも呼ばれる。マーモセットとは古いフランス語の〈小さくて変わったもの〉を意味する語によるという。…

※「マーモセット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マーモセットの関連キーワード穀霊魑魅魂・霊・魄神・霊戾・令・例・冷・励・勵・嶺・戻・玲・礼・禮・鈴・隷・零・霊・靈・麗・齡・齢霊的天狗風/霊験お初捕物控2震える岩/霊験お初捕物控《虚鈴(霊)》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マーモセットの関連情報