コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロン ミクロンmicron

翻訳|micron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロン
micron

長さの慣用単位。記号はμ。マイクロメートルの慣用名で 10-6mである。SI国際単位系)に含まれておらず,計量法で認められている法定計量単位ではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミクロン

長さのメートル法単位。記号μ。1μ=1μm=10(-/)6m=10(-/)3mm。1967年の国際度量衡総会でこの単位の名称と記号は廃止された。1997年10月より1μのかわりに1μm(マイクロメートル)を使うよう改められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミクロン【micron】

長さの単位で,記号はμ。1μ=1μm=10-6mである。微小な長さや波長などを表すのに以前はよく使われたが,1967年の国際度量衡総会でこの単位の名称と記号は廃止された。国際単位系(SI)以外の単位であって,一般的には推奨しがたい単位とされており,1μのかわりに1μm(マイクロメートル)を使うほうが望ましい。【大井 みさほ】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミクロン【micron】

長さの単位。1ミリメートルの1000分の1。現在は、μmマイクロメートルを用いる。記号 μ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

単位名がわかる辞典の解説

ミクロン【micron】

長さの単位。記号は「μ」。1μは1mの100万分の1で1マイクロメートルと等しい。国際単位系の成立に伴い、接頭語マイクロとの混同を避けるため、1967年の国際度量衡総会で廃止が決定した。

出典|講談社単位名がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクロン
みくろん
micron

長さの単位。1ミリメートルの1000分の1をいう。記号はμ。1890年ごろにはすでに使われていたと思われる。記号は、1895年の英国商務省の報告にあるという。1968年の国際度量衡総会でこの名は廃止され、マイクロメートル(μm)とすることになった。ミクロンという呼称は日本の法定計量単位からも除外されている。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミクロンの関連情報