コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロン ミクロン micron

翻訳|micron

7件 の用語解説(ミクロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロン
ミクロン
micron

細胞学,細菌学で用いられる長さの慣用単位。記号はμ。ミクロンマイクロメートルの慣用名で 10-6 mである。 10-6 を表わす接頭語マイクロと混同のおそれがあるので μm と書くようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミクロン(〈フランス〉micron)

メートル法の長さの単位。1ミクロンは1000分の1ミリで、1マイクロメートル。記号μ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミクロン

長さのメートル法単位。記号μ。1μ=1μm=10(-/)6m=10(-/)3mm。1967年の国際度量衡総会でこの単位の名称と記号は廃止された。1997年10月より1μのかわりに1μm(マイクロメートル)を使うよう改められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミクロン【micron】

長さの単位で,記号はμ。1μ=1μm=10-6mである。微小な長さや波長などを表すのに以前はよく使われたが,1967年の国際度量衡総会でこの単位の名称と記号は廃止された。国際単位系(SI)以外の単位であって,一般的には推奨しがたい単位とされており,1μのかわりに1μm(マイクロメートル)を使うほうが望ましい。【大井 みさほ】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミクロン【micron】

長さの単位。1ミリメートルの1000分の1。現在は、μmマイクロメートルを用いる。記号 μ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典の解説

ミクロン【micron】

長さの単位。記号は「μ」。1μは1mの100万分の1で1マイクロメートルと等しい。国際単位系の成立に伴い、接頭語マイクロとの混同を避けるため、1967年の国際度量衡総会で廃止が決定した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクロン
みくろん
micron

長さの単位。1ミリメートルの1000分の1をいう。記号はμ。1890年ごろにはすでに使われていたと思われる。記号は、1895年の英国商務省の報告にあるという。1968年の国際度量衡総会でこの名は廃止され、マイクロメートル(μm)とすることになった。ミクロンという呼称は日本の法定計量単位からも除外されている。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミクロンの関連キーワードエムΓマイクロキュリーミューミリミクロン粗砂γセンチメートルミリメートル

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミクロンの関連情報