コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミケルセン ミケルセンMichelsen, Christian

2件 の用語解説(ミケルセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミケルセン
ミケルセン
Michelsen, Christian

[生]1857.3.15. ベルゲン
[没]1925.6.28. フェーサンゲル
ノルウェーの政治家。法律を学び,弁護士として開業するかたわら海運会社を創立し,のち同国有数の海運会社に発展させた。 1891年国会議員,1903年 G.ハーゲループの連立内閣に加わったが,政府の対スウェーデン政策が軟弱に過ぎるとして,05年2月辞任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミケルセン
みけるせん
Peter Christian Michelsen
(1857―1925)

ノルウェーの政治家。1885年までベルゲンで法廷弁護士を務め、その後ノルウェー屈指の船主となった。1891~1894年ストルティング(議会)の左翼党議員。一時野に下ったが、1903年ハーゲルップ連立内閣に入閣。1904年スウェーデンとの領事問題がこじれると、同君連合からのノルウェーの分離が唯一の解決策であるとの立場からハーゲルップの妥協政策に反対し、1905年辞任。同内閣解散後、ブルジョア連立内閣を組閣して首相に就任。同年5月に議会で分離法案を可決し、スウェーデン国王オスカル2世Oscar (在位1872~1907)が法案の裁可を拒否すると、内閣は解散を表明。国王が新内閣形成に躊躇(ちゅうちょ)した機をとらえ、6月7日議会が事実上の独立宣言をなしたのち、首相として事態の平和的解決に努め、9月ノルウェーの独立を認めるカールスタード協定が成立した。2年後に退陣。[大島美穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミケルセンの関連キーワード接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢哥沢芝金片岡仁左衛門長崎(市)プラン問題藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミケルセンの関連情報