コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミケルセン ミケルセン Michelsen, Christian

2件 の用語解説(ミケルセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミケルセン
ミケルセン
Michelsen, Christian

[生]1857.3.15. ベルゲン
[没]1925.6.28. フェーサンゲル
ノルウェーの政治家。法律を学び,弁護士として開業するかたわら海運会社を創立し,のち同国有数の海運会社に発展させた。 1891年国会議員,1903年 G.ハーゲループの連立内閣に加わったが,政府の対スウェーデン政策が軟弱に過ぎるとして,05年2月辞任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミケルセン
みけるせん
Peter Christian Michelsen
(1857―1925)

ノルウェーの政治家。1885年までベルゲンで法廷弁護士を務め、その後ノルウェー屈指の船主となった。1891~1894年ストルティング(議会)の左翼党議員。一時野に下ったが、1903年ハーゲルップ連立内閣に入閣。1904年スウェーデンとの領事問題がこじれると、同君連合からのノルウェーの分離が唯一の解決策であるとの立場からハーゲルップの妥協政策に反対し、1905年辞任。同内閣解散後、ブルジョア連立内閣を組閣して首相に就任。同年5月に議会で分離法案を可決し、スウェーデン国王オスカル2世Oscar (在位1872~1907)が法案の裁可を拒否すると、内閣は解散を表明。国王が新内閣形成に躊躇(ちゅうちょ)した機をとらえ、6月7日議会が事実上の独立宣言をなしたのち、首相として事態の平和的解決に努め、9月ノルウェーの独立を認めるカールスタード協定が成立した。2年後に退陣。[大島美穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミケルセンの関連キーワードスピッツベルゲン縷言ベルゲニアベルゲルミルエネルゲンベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団モルゲンローテベルゲン国際フェスティバルスピッツベルゲン[島]ベル・ゲッデス,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミケルセンの関連情報