コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシマオコゼ ミシマオコゼUranoscopus japonicus

3件 の用語解説(ミシマオコゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミシマオコゼ
ミシマオコゼ
Uranoscopus japonicus

スズキ目ミシマオコゼ科の海水魚。全長 30cm内外。体の前方は太くて縦扁し,後方は側扁する。頭は大きく角形で,眼は背面にあり,両眼の間はくぼんでいる。頭部は背・側面を骨板で包まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミシマオコゼ

ミシマオコゼ科の魚。地方名ムシンボウ,アマンボウ,ムシマなど。全長30cmに達する。頭部が大きく両眼は頭の背面にあって上方を向き,体には網目状斑紋がある。本州中部〜東シナ海に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミシマオコゼ
みしまおこぜ / 三島虎魚・三島
Japanese stargazer
[学]Uranoscopus japonicus

硬骨魚綱スズキ目ミシマオコゼ科に属する海水魚。北海道の南部以南、東シナ海、南シナ海朝鮮半島の南岸に分布する。名のミシマは三島(昔の宿場町、現在の静岡県三島市)に由来し、オコゼは醜い魚を意味する。頭と体の前半部はいくぶん縦扁(じゅうへん)し、尾部に向かうほど側扁する。頭の背面と側面は骨板で包まれる。口は大きく上方に向かって開く。目は頭の背面にある。肩部に強大な棘(とげ)が突出する。腹びれは極端に前にあり、下顎(かがく)の下に位置する。体は褐色で、背側面に暗褐色の網状斑(はん)がある。体長33センチメートルぐらいになる。水深35~250メートルの砂泥底に、目と口を出して潜み、小魚などの餌(えさ)が接近するのを待つ。幼魚には下顎の内側にはルアーのような葉状の皮弁があるが、成魚ではなくなる。産卵期は4~10月で、卵の表面に亀甲(きっこう)模様がある。
 底引網で漁獲される。みりん干し、練り製品の原料などにする。近縁種はキビレミシマ、アオミシマ、メガネウオなど日本から7種が知られている。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミシマオコゼの関連情報