コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズアブ ミズアブ Stratiomys japonica

3件 の用語解説(ミズアブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズアブ
ミズアブ
Stratiomys japonica

双翅目ミズアブ科。体長 15mm内外。体は黒色で腹部第2,3節の両側に三角形の黄色斑があるほか,頭部にも黄色斑がある。触角は細長い。胸部背面は黄色微毛におおわれ,小楯板 (しょうじゅんばん) 後縁は赤褐色で2本のとげがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミズアブ

双翅(そうし)目ミズアブ科の昆虫の1種。体長15mm内外,黒色で黄斑がある。幼虫は水田その他比較的水温の高い水中に生息。温泉中にすむこともあり,ナメウジ,オンセンアブなどの俗称がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズアブ
みずあぶ / 水虻
soldier flies

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目アブ群ミズアブ科Stratiomyidaeの総称。この科のアブは、体の大きさ、形状、色彩がきわめて変化に富み、黒っぽいもの、黄褐色のもの、金属光沢のある美麗なものなどがある。体は多少とも扁平(へんぺい)で、頭部は短いが、触角には変化が多く、太くて短いもの、長くて膝(ひざ)状に折れ曲がるもの、球状で先端近くに触角刺毛を有するものなどがある。口吻(こうふん)は短い。中胸小楯板(しょうじゅんばん)は大きく、棘(きょく)状または歯状の突起のあるものと、ないものとがある。はねは大きく、幅はむしろ狭い。前縁脈はわずかに翅頂に達しない。翅脈は前縁部に偏る傾向にあり、中室は小形。後縁基部の翅片は小さい。透明または部分的に暗色を帯びる。腹部は多少とも扁平で、胸部よりも幅が広い。幼虫には変化が多く、長い円筒形または扁平な長楕円(ちょうだえん)形。水生または陸生で、腐食性または捕食性。温泉中にすむものもある。
 ミズアブStratiomys japonicaは、体長14~16ミリメートル、翅長12~14ミリメートル。体は主として黒色。触角の第1節は長く、全体は膝状を呈する。胸部背面は黄白色の細毛で覆われ、小楯板の後端には1対の黄色で棘状の突起がある。はねは褐色を帯び、翅頂部のみ無色。腹部はやや扁平で太く、第2から第3節両縁にはそれぞれ明瞭(めいりょう)な黄色紋がある。幼虫は水生で、水田、池沼、温泉中でも発見される。[伊藤修四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズアブの関連キーワードメクラアブコウカアブ牛虻水虻水油後架虻アメリカミズアブシギアブ(鴫虻)ミズアブ(水虻)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone