ミズウオ(水魚)(読み)ミズウオ(英語表記)Alepisaurus ferox

世界大百科事典 第2版の解説

ミズウオ【ミズウオ(水魚) Alepisaurus ferox】

ヒメ目ミズウオ科の海産魚。巨大な口ときば状の歯をもち,魚類,イカ・タコ類,エビ類などを貪食(どんしよく)する。英名のlancetfish,handsaw fish,wolf fishはこのような形態や習性に由来する。体は細長くやせ細る。和名は肉質が水分を多く含むことによる。背びれは脂びれのある体の後半の一部を除き背縁のほぼ全体を覆い,うちわ状で,その高さは体高の2~3倍に達する。しりびれは背びれの後端と脂びれの下付近に,腹びれは体の中心より前方にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android