ミズカビ(水黴)(読み)ミズカビ(英語表記)Saprolegnia; water mold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズカビ(水黴)
ミズカビ
Saprolegnia; water mold

藻菌類卵菌類ミズカビ目ミズカビ科。淡水産の水生菌。水中の動物の死体や有機物を多く含んだ植物体が水中に落込んだものなどに着生する。池,水溝,水田などにみられる。菌糸は長い円筒形でところどころで分岐する。先端に円筒形,棍棒形の1次的遊走子嚢を生じる。遊走子は球形の休止体を経て,次々と2次,3次と遊泳し,豊富な有機物を捜す。有性生殖生卵器造精器との配偶子嚢接合により生卵器中に接合子を多数生じる。ミズカビのなかには魚類の卵や幼生に寄生する S. parasiticaがあり,サケ,マスの孵化場などで害を及ぼすことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android