ミズカビ(読み)みずかび

日本大百科全書(ニッポニカ)「ミズカビ」の解説

ミズカビ
みずかび

水生菌類一般をいうこともあるが、狭い意味では卵菌類ミズカビ目のミズカビ属Saprolegniaをいう。ミズカビ属の菌には、魚卵などに寄生するものもあるが、多くは水中にある動植物遺体中に仮根を張り、周りの水中に菌糸体が伸びる。菌糸体は管状で、これに仕切りができて遊走子嚢(のう)・造精器、1ないし数個の卵をもつ生卵器が形成される。遊走子には2回遊泳性と二形性がみられる。遊走子嚢から出た一次遊走子は洋ナシ形で、前端に尾型と羽型の1組の鞭毛(べんもう)があり、これが発芽して生じた二次遊走子は腎臓(じんぞう)形で、くぼんだ側面に1組の鞭毛がある。羽型鞭毛は前向き、尾型鞭毛は後ろ向きである。これが発芽すると、菌糸または同形の遊走子を生ずる。

[寺川博典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ミズカビ」の解説

ミズカビ

鞭毛菌類のうち水中の有機物,動植物体につく卵菌類をいうが,狭にはミズカビ属の諸種をさす。しきりのない無色の菌糸を水中にのばして造卵器と造精器をつけ,また無性器官である細長い遊走子嚢ができて2本の毛のある遊走子を無数につくる。淡水魚に寄生することが多く,魚体の表面を綿状の菌糸でおおって養殖魚類等に被害を生じさせることもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ミズカビ」の解説

ミズカビ【Saprolegnia】

鞭毛菌亜門卵菌綱ミズカビ科ミズカビ属に含まれる菌類の総称腐生菌でいろいろな淡水魚に寄生することが多い。この菌におかされた魚の体表面は綿状の菌糸でおおわれ,菌糸の先端に遊走子囊が豊富に形成される。一般に,遊走子が泳ぎ出て空になった遊走子囊の基底部がもとの遊走子囊の中にのびて,第2,第3の遊走子囊をつくる。代表種はS.parasitica CokerおよびS.ferax(G.) Thuretで,魚のミズカビ病病原菌として知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報