コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズワラビ

百科事典マイペディアの解説

ミズワラビ

ホウライシダ科の一年生水生シダ。本州中部〜沖縄,東南アジアに広く分布し,溝,水田,沼などにはえる。根茎は小さく,葉は集まって出て,水中および水上に立ち,高さ30〜60cm,不規則に2〜4回羽状深裂し,葉の大きさや切れ込みには変化が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミズワラビ【water fern】

水中や湿地に生じるシダ植物ホウライシダ科の一年草(イラスト)。根茎は短く斜上する。葉は叢生(そうせい)し,やわらかい草質で,2~3回羽状に分裂し,無毛。羽片や小羽片の分岐部にしばしば芽をつくり,倒れた葉から子株を生じる。葉脈遊離脈のない単純な網目をつくる。幼葉の基部には1対の托葉状鱗片があり,胞子をつける葉はやや高く伸び,いっそう細かく分裂し,裂片は細くて長い。胞子囊群葉縁に並んで生じ,反りかえった葉縁で包まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズワラビ
みずわらび / 水蕨
[学]Ceratopteris thalictroides (L.) Brongn.

ミズワラビ科の一年生シダ。根茎は短く、わずかに鱗片(りんぺん)があり、柔らかい無毛の葉を束生する。葉には栄養葉と胞子葉の2型がある。栄養葉は胞子葉よりも小さく、網状脈をもち、2、3回羽状に深裂し、羽片基部に芽をつけることがある。胞子葉は50センチメートルになり、栄養葉よりもさらに細かく裂ける。裂片は角(つの)状で、辺縁が内側へ折れて胞子嚢(のう)を生ずる。暖地に多く、水田や沼地に生える。淡水魚の水槽に観賞用として利用されるが、東南アジアでは食用にもする。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミズワラビの関連キーワードミズワラビ(水蕨)水防風水羊歯胞子葉水人参水蕨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android