コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツデウラボシ(三手裏星) ミツデウラボシCrypsinus hastatus

1件 の用語解説(ミツデウラボシ(三手裏星)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツデウラボシ(三手裏星)
ミツデウラボシ
Crypsinus hastatus

ウラボシ科の常緑性シダ植物。日本,朝鮮半島南部から中国大陸に分布する。日当りのよい岩上や崖などに生える。根茎は短く匍匐し,褐色で線状披針形の鱗片を密生する。葉の大きさや形は変化に富むが,よく発育したものは 25cmほどの長さで葉身は3裂。胞子嚢群は円形で,裂片の中肋の両側に各1列に並ぶ。胞子は両面体型。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone