コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミネソタ多面人格目録 ミネソタためんじんかくもくろく Minnesota Multiphasic Personality Inventory; MMPI

3件 の用語解説(ミネソタ多面人格目録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミネソタ多面人格目録
ミネソタためんじんかくもくろく
Minnesota Multiphasic Personality Inventory; MMPI

質問紙法人格検査。 1940年頃ミネソタ大学の心理学者 S.R.ハサウェイ精神医学者 J.C.マッキンレーの共同研究により考案された。 550の質問項目から成り,被験者は「はい」または「いいえ」で答える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミネソタためんじんかくもくろく【ミネソタ多面人格目録 Minnesota multiphasic personality inventory】

質問紙形式による人格検査。略称MMPI。1940年,ミネソタ大学のハサウェーS.R.HathawayとマッキンリーJ.C.McKinleyによって発表された。550の質問項目から構成されており,抑鬱性,ヒステリー性,社会的向性など10の特性の尺度値(臨床尺度)が得られるが,一般にはそのプロフィルによって解釈がなされる。質問紙法の弱点とみなされていた被検者の検査態度を測定するため,虚構点など四つの妥当性尺度を考案し,結果の信頼性を高めようとした点,および測定される臨床尺度が精神医学領域から経験的に作成された点にこの検査の特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミネソタ多面人格目録
みねそたためんじんかくもくろく
Minnesota Multiphasic Personality Inventory

略してMMPI。質問紙法の性格検査で、ミネソタ大学の心理学者ハサウェイS. R. Hathaway(1903―84)と精神医学者マッキンリーJ. C. McKinleyにより1943年出版された。550項目からなり、各項目に対し「はい」「?」「いいえ」のいずれかで回答させる。結果は四つの妥当性尺度(?疑問、L虚偽、F妥当性、K修正)と10の臨床尺度((1)心気症、(2)抑うつ性、(3)ヒステリー性、(4)精神病質的偏り、(5)男子性・女子性、(6)偏執性、(7)精神衰弱性、(8)精神分裂性、(9)軽躁(けいそう)性、(10)社会的内向性)の各尺度得点として採点され、プロフィールに描かれる。妥当性尺度は、回答するときの被検査者の態度によっておこるゆがみを検出するのに用いられる。また、臨床尺度は健常者群と各基準群とを識別できる項目を選んでいる。各尺度の基準群は、医師の診断に基づいて選ばれた患者群である。ただし社会的内向性尺度は、健常者のなかの外向群と内向群を識別する項目によって構成されている。MMPIは、各尺度がこのような手続によって構成されているのが特色である。したがって、多くの研究者によって450種類以上の追加尺度がつくられている。不安尺度もその一つである。人格診断はプロフィールによって行われるが、コンピュータによる判定も行われている。わが国におけるMMPIの標準化は日本版、同志社大学版、金沢大学版、その他がある。[肥田野直]
『日本MMPI研究会編『日本版MMPIハンドブック』増補版(1973・三京房) ▽井村恒郎監修『臨床心理検査法』第二版(1967・医学書院) ▽J・R・グレイアム著、田中富士夫訳『MMPI臨床解釈の実際』(1985・三京房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミネソタ多面人格目録の言及

【人格検査】より

…投影によらないものは客観的テストといわれ,統計的な標準化がその基準として理論を支えており,以下のようなものがある。(1)自己報告法 質問紙法ともいわれ,多数の項目について本人の行動,意見,感情などの判断を求めるもので,代表例としてミネソタ多面人格目録があげられる。(2)他人評定法 ソシオメトリー,ゲスフー・テストなどがある。…

※「ミネソタ多面人格目録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミネソタ多面人格目録の関連キーワード向性検査質問紙法人格検査性格検査TATロールシャッハテスト体格検査メンタル・テストP‐Fスタディロールシャハ・テスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone