コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花) ミヤマキンポウゲ Ranunculus acris var.nipponicus

1件 の用語解説(ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
ミヤマキンポウゲ
Ranunculus acris var.nipponicus

キンポウゲ科多年草北海道,本州中北部の高山帯の草原に群生する。根茎は太くて短く直立し,上部は枯れた葉柄におおわれる。茎は高さ 10~50cm,葉柄とともに全体にあらい伏毛がある。根出葉は数個出て,葉身は幅 2.5~8cmで3深裂し,裂片はさらに2~3裂して,両面にあらい伏毛が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)の関連キーワードコバイケイソウ金梅草草牡丹信濃金梅馬の足形立金花アズマイチゲカザグルマクルマユリハクサンイチゲ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone