コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマニガウリ Schizopepon bryoniaefolius Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤマニガウリ【Schizopepon bryoniaefolius Maxim.】

深山の谷間に生えるウリ科の一年生つる植物。茎は細長くて軟らかく巻ひげをもって他にからまる。葉は卵状の心形で,長さ5~12cm,質は薄く,浅く5~7裂して低い歯牙がある。両性の株と雄株とがある。花は8~9月ころに咲き,雄花は直立する総状花序を作って多数つき,白色で直径約5mm。雌花は細長い柄の先に1個ずつつく。花冠は5裂して,裂片は披針形。果実はゆがんだ卵形で長さ約1cm,細長い柄の先にぶら下がって緑色。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマニガウリ
みやまにがうり / 深山苦瓜
[学]Schizopepon bryoniaefolius Maxim.

ウリ科の一年生つる草。茎は細い。葉は長柄があり、卵心形で五~八角に角張り、先端はとがり、基部は心形で湾入部は円形、質は薄く、表面に細毛がある。葉に対生し、巻きひげがある。花期は8~9月。両性花をつける株と、雄花のみをつける株がある。両性花は葉腋(ようえき)に1個つき、帯黄白色、雄花は総状花序をなし、白色。花冠は径約5ミリメートルで5裂する。液果は楕円(だえん)形で長さ1センチメートル。深山に生え、北海道から九州、および樺太(からふと)(サハリン)、東シベリアに分布する。名は、果実の形をニガウリ(ツルレイシ)に見立て、深山に生えるニガウリの意味である。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミヤマニガウリの関連キーワードニガウリ深山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android