コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマニガウリ Schizopepon bryoniaefolius Maxim.

2件 の用語解説(ミヤマニガウリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤマニガウリ【Schizopepon bryoniaefolius Maxim.】

深山の谷間に生えるウリ科の一年生つる植物。茎は細長くて軟らかく巻ひげをもって他にからまる。葉は卵状の心形で,長さ5~12cm,質は薄く,浅く5~7裂して低い歯牙がある。両性の株と雄株とがある。花は8~9月ころに咲き,雄花は直立する総状花序を作って多数つき,白色で直径約5mm。雌花は細長い柄の先に1個ずつつく。花冠は5裂して,裂片は披針形。果実はゆがんだ卵形で長さ約1cm,細長い柄の先にぶら下がって緑色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマニガウリ
みやまにがうり / 深山苦瓜
[学]Schizopepon bryoniaefolius Maxim.

ウリ科の一年生つる草。茎は細い。葉は長柄があり、卵心形で五~八角に角張り、先端はとがり、基部は心形で湾入部は円形、質は薄く、表面に細毛がある。葉に対生し、巻きひげがある。花期は8~9月。両性花をつける株と、雄花のみをつける株がある。両性花は葉腋(ようえき)に1個つき、帯黄白色、雄花は総状花序をなし、白色。花冠は径約5ミリメートルで5裂する。液果は楕円(だえん)形で長さ1センチメートル。深山に生え、北海道から九州、および樺太(からふと)(サハリン)、東シベリアに分布する。名は、果実の形をニガウリ(ツルレイシ)に見立て、深山に生えるニガウリの意味である。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヤマニガウリの関連キーワード阿古陀瓜一年生植物白瓜雀瓜豆倒深山金梅蔓黄楊藪豆シロウリマクワウリ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone