ミュラー管(読み)ミュラーかん(英語表記)Müllerian duct

  • ミュラーかん ‥クヮン
  • ミュラーかん〔クワン〕
  • ミュラー管 Müllerian duct

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊椎動物では前腎が退化して中腎に代る頃,後方の前腎細は腹管孔を生じて腹腔に開口するようになる。これに続く前腎輸管前後裂し,分離して中空の管となって排出腔に連なる。これをミュラー管といい,ではやがて発生はやむが,では長く伸びて輸卵管になる。両生類のミュラー管は簡単であるが,羊膜類では輸卵管子宮,腟などに分化する。名は J. P.ミュラーにちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

脊椎動物で、中腎(ちゅうじん)発達に伴い、前腎輸管からウォルフ管とともに生じるか、または体腔壁から生じる管。雄では退化するが、雌では輸卵管となる。J=P=ミュラーが発見。中腎傍管
[補説]ヒトでは、胎生8週頃から左右のミュラー管が癒合しはじめ、子宮上部を形成し、癒合しない部分が卵管となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

旁中腎管とも。下等脊椎動物ではウォルフ管とともに中腎輸管から作られ,高等脊椎動物では体腔壁に由来する管。雌では発達して輸卵管,子宮,腟(ちつ)などの付属生殖器官の基となる。雄では退化するが,代りにウォルフ管が発達する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

旁中腎管ともいう。大部分の脊椎動物において,輸卵管や子宮などの雌性の生殖器に分化するもとの生殖管。名称は19世紀のドイツ生理・解剖学者J.P.ミュラーにちなんだもの。ヒトでは,発生の第6週ころは男女両性とも,有対性のウォルフ管とミュラー管の2組の生殖管をもつが,女性の場合にはその後の発生で,ウォルフ管が退化し,ミュラー管が発達して,その上部は卵管に,また下部左右が癒合して子宮と腟になる。この癒合が不完全に起こると,双角子宮や完全重複子宮重複腟のような先天奇形が生ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

脊椎動物の前腎輸管あるいは体腔壁が変化してできる中胚葉性の管。中腎輸管に平行して生じ、雄では退化するが、雌では発達して輸卵管となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 脊椎動物の中腎輸管に平行して生じる中胚葉起原の管。雄では退化、雌では発達して輸卵管となる。ドイツの生理学者ミュラーが発見。ミューレル氏管。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のミュラー管の言及

【腎臓】より

…爬虫類以上の脊椎動物では中腎も退化し,さらにその後方に後腎metanephrosが発達して,それが生涯の腎臓,すなわち最終腎として排出作用を営む。中腎が働きだすと不用になる前腎輸管はミュラー管Müllerian ductとも呼ばれ,雄では退化するが雌では存続して輸卵管となる。中腎輸管はウォルフ管Wolffian ductと呼ばれ,中腎が退化する爬虫類以上の動物の雄では輸精管となり,雌では退化する。…

【性器】より

…やがて前腎が退化すると,その後方に中腎(原腎ともいう)ができ,前腎輸管はそのまま中腎輸管となるが,これをウォルフ管Wolffian ductという。そのころ,この管の外側を並行して走るミュラー管Müllerian ductが左右各1本できるが,これら二つの管はその後男女によって異なる運命をたどることになる。すなわち,男児ではミュラー管は大部分が退化,消失してしまうが,ウォルフ管は発達して副睾丸,精管,精囊などを形成する。…

【腎臓】より

…爬虫類以上の脊椎動物では中腎も退化し,さらにその後方に後腎metanephrosが発達して,それが生涯の腎臓,すなわち最終腎として排出作用を営む。中腎が働きだすと不用になる前腎輸管はミュラー管Müllerian ductとも呼ばれ,雄では退化するが雌では存続して輸卵管となる。中腎輸管はウォルフ管Wolffian ductと呼ばれ,中腎が退化する爬虫類以上の動物の雄では輸精管となり,雌では退化する。…

【性器】より

…やがて前腎が退化すると,その後方に中腎(原腎ともいう)ができ,前腎輸管はそのまま中腎輸管となるが,これをウォルフ管Wolffian ductという。そのころ,この管の外側を並行して走るミュラー管Müllerian ductが左右各1本できるが,これら二つの管はその後男女によって異なる運命をたどることになる。すなわち,男児ではミュラー管は大部分が退化,消失してしまうが,ウォルフ管は発達して副睾丸,精管,精囊などを形成する。…

【ミュラー】より

…解剖学,生理学,発生学,古生物学,医学史など広範な領域にわたって業績をあげた。彼の名を冠するものだけでも,特異的感覚エネルギーの法則,軟骨索,毛毬囊(もうきゆうのう)などあり,生殖器の起源であるミュラー管の記載もおこなっている。組織学でいう結合組織も彼の命名による。…

※「ミュラー管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミュラー管の関連情報