コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミョウガ(茗荷) ミョウガZingiber mioga; myoga ginger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミョウガ(茗荷)
ミョウガ
Zingiber mioga; myoga ginger

ショウガ科の多年草。熱帯アジア原産で日本には中国から伝えられ,食用として広く人家で栽培され,野生化したものが北海道を除く各地の山中の樹陰に生える。地下茎は横にはい,鱗片葉がある。偽茎は一年生で斜めに立上がり,多数の葉を上部に2列に互生する。葉は披針形ないし狭長楕円形で,基部には短柄があり,葉鞘は長くて互いに重なり偽茎となる。夏から秋に,地下茎の先端に鱗片葉におおわれた花序を出し,淡黄色の花をつける。花は1日でしぼむ。包葉は狭卵形で内部のものは軟らかく独特の香りがあり若芽とともに食用や薬味とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミョウガ(茗荷)【ミョウガ】

本州以南に自生し,栽培もされるショウガ科の多年草。高さ50〜100cmで,茎は斜めに立ち葉鞘が巻き合う。葉は2列に互生し,広披針形。夏,根茎から花穂を生じ,淡黄色の花を開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミョウガ【ミョウガ(茗荷) Zingiber mioga Rosc.】

花や若い茎葉を野菜として利用するショウガ科の多年草(イラスト)。本州以南沖縄までの温暖地に自生し,栽培もされる。林床性の植物で,腐植の多い土壌を好み,酸性土壌にもよく育つ。肥厚した地下茎から葉鞘(ようしよう)がまき重なった高さ50~100cmの偽茎を出し,広線形の葉を2列に展開する。苞につつまれた短柄の花序(イラスト)は7~9月に地下茎から直接生じ,花は開花後1日でしぼむ。日本で栽培化されているが,品種の分化は不十分で,早生の夏ミョウガ,中生・晩生の秋ミョウガに分けられる程度である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報