ミョウガ(茗荷)(読み)ミョウガ(英語表記)Zingiber mioga; myoga ginger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ミョウガ(茗荷)」の意味・わかりやすい解説

ミョウガ(茗荷)
ミョウガ
Zingiber mioga; myoga ginger

ショウガ科多年草。熱帯アジア原産で日本には中国から伝えられ,食用として広く人家で栽培され,野生化したものが北海道を除く各地の山中樹陰に生える。地下茎は横にはい,鱗片葉がある。偽茎は一年生で斜めに立上がり,多数の葉を上部に2列に互生する。葉は披針形ないし狭長楕円形で,基部には短柄があり,葉鞘は長くて互いに重なり偽茎となる。夏から秋に,地下茎の先端に鱗片葉におおわれた花序を出し,淡黄色の花をつける。花は1日でしぼむ。包葉は狭卵形で内部のものは軟らかく独特の香りがあり若芽とともに食用や薬味とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「ミョウガ(茗荷)」の意味・わかりやすい解説

ミョウガ(茗荷)【ミョウガ】

本州以南に自生し,栽培もされるショウガ科の多年草。高さ50〜100cmで,茎は斜めに立ち葉鞘が巻き合う。葉は2列に互生し,広披針形。夏,根茎から花穂を生じ,淡黄色の花を開く。花は開花後1日でしぼむ。半日陰の腐植質の多い粘質地を好み軟化栽培することが多い。花序(花ミョウガ)や春の若茎(ミョウガ竹)には特有の強い辛味と香味があり,漬物,汁の実,刺身つまなどにする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android