コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンコフ Svetoslav Konstantinov Minkov

2件 の用語解説(ミンコフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミンコフ【Svetoslav Konstantinov Minkov】

1902‐66
ブルガリアの作家。資本主義社会人間の運命を,グロテスクな,SF的な手法で描いた風刺作家。《レントゲンの目を持った婦人》(1934)などの短編集のほか,《別のアメリカ》(1938),《飢餓の帝国》(1952)など資本主義の現実を暴いたルポルタージュや,アンデルセン童話の訳者としても知られている。第2次大戦中,在日ブルガリア公使館に勤務し,日本文学に関する著書もある。【松永 綠彌】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミンコフ
みんこふ
Светослав Минков Svetoslav Minkov
(1902―1966)

ブルガリアの作家。軍人の家に生まれ、軍事学校に入るが、のちソフィア大学言語学科に学び、ドイツに留学した。世界各国を回り、日本にも1943年から1年間ブルガリア代表部の一員として滞在した。帰国後は新聞、雑誌の編集長を務めた。最初の短編集は『青い菊』(1922)。風変わりな人物のなかに風刺とユーモアを潜ませ読者をひきつけていく作品が多い。映画のシナリオや児童向きの作品も書き、またロシア語でも短編、評論を発表する一方、アンデルセン、『千夜一夜物語』ほか翻訳も多い。[真木三三子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミンコフの関連キーワード講座派国家独占資本主義修正資本主義ディミトロフ独占資本主義日本資本主義論争ブルガリア語プロレタリア労農派ピプコフ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミンコフの関連情報