コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカデノリ

2件 の用語解説(ムカデノリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ムカデノリ

からだは平たく,細長い主軸の両側から対生に多くの枝を出す。ムカデノリは環境により形態変異がはげしく,ヒラムカデキョウノヒモに似る事があるが,ヒラムカデはムカデノリより幅が広くなり小枝の数が少ない事で区別され,キョウノヒモは体の全面から小さな枝がより多数出る事や押し葉標本は台紙に付きにくい事などで区別される。しかし,判断に困る悩ましい個体もしばしば見られる手触りは柔らかくぬるぬるする。生体は紫がかった紅色〜赤褐色。押し葉標本は台紙によくつく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムカデノリ
むかでのり / 百足海苔
[学]Grateloupia filicina J. Agardh

紅藻植物、ムカデノリ科の海藻。紫紅色を呈し、軟骨質で粘質を帯びるため、ややぬるぬるとする。細長いリボン状の主枝の両縁から数多くの小側枝を出し、ムカデ状となる。体長は20~40センチメートル内外が多いが、形態的には変化が多く、全体枝が中空の細管状になるものもあれば、幅広い細帯状の扁平(へんぺい)葉片状になるものもある。しかし、いずれも側出する小枝をもつのが特徴である。日本をはじめ、世界各地に分布し、生育環境も、内湾の浅海をはじめ、外海の深さ10メートルまでの岩礁上などと変化に富んでいる。
 ムカデノリは、紅藻粘質物の含有が多いため、かつてはその抽出糊(こ)状液をフノリと同様に洗濯物などに使っていたが、現在ではその用法は消滅し、海藻サラダなどとして食用にされている。同属にタンバノリG. ellipticaがあるが、この種は幅広い不定形の葉片をもち、ムカデノリと同じく古くは糊料として用いられた。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムカデノリの関連キーワード鰓蓋椎弓姫蜂風船水母細長い百足海苔岐散花序花火石菖平がるクロモ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone