コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムスコン muscone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムスコン
muscone

油状の液体。ジャコウジカの雄のじゃ香腺より分泌されるじゃ香成分。沸点 328℃,左旋性。香料原料として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ムスコン【muscone】

麝香じやこうの芳香成分。無色の油状液体。化学式 C16H30O 高級香料の調合剤、保留剤とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムスコン
むすこん
muscone

じゃ香の香気をもつ無色で粘性のある油状液体。天然じゃ香の香気の本体として0.5~2%含まれる。アルコールに溶けるが、水には難溶。調合香料の製造に際して香料の保留力が著しく、高級香料の変調剤、保留剤として使われる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のムスコンの言及

【麝香】より

…水,アルコールに易溶で,アルコールチンキにしても使用される。芳香成分はムスコンmusconeで,麝香中に0.5~2%含有される。ムスコンは化学式C16H30O,大環状ケトン構造をもつ。…

※「ムスコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムスコンの関連キーワードシクロペンタデカノン大環状化合物ルジーチカルジチカシベトン人造麝香麝香

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android