コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイチダイ メイチダイGymnocranius griseus

2件 の用語解説(メイチダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイチダイ
Gymnocranius griseus

スズキ目フエフキダイ科の海水魚。全長 40cm内外。体は卵円形で強く側扁し,体高は高い。顎の前部に上下それぞれ2~3対の犬歯がある。眼間部に鱗を欠く。体は紫青色がかった銀灰色で,幼魚は体側に7条の暗灰色の横帯をもつが,成魚では消失する。沿岸の岩礁にすむ。本州中部以南,インド洋に分布する。高級魚として食用に供される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイチダイ
めいちだい / 目一鯛
[学]Gymnocranius griseus

硬骨魚綱スズキ目フエフキダイ科に属する海水魚。南日本、東・南シナ海、西太平洋、東南アジア、インド洋に広く分布する。体は卵形で、強く側扁(そくへん)する。体高は高い。頭部の上部外郭は大きく曲がる。両顎(りょうがく)前部にそれぞれ二、三対の犬歯があり、側部には一列の臼歯(きゅうし)状円錐歯(えんすいし)がある。全長約50センチ。体は紫青色を帯びた銀灰色で、腹部は灰色。眼隔域から目を通って頬(ほお)に達する幅広い一褐色横帯がある。これがメイチダイの名の由来である。幼時には体側に約7条の暗褐色横帯があり、成長すると消える。沿岸岩礁性の肉食魚。7月ごろ産卵。一本釣り、定置網、刺網、底引網などで漁獲される。白身の肉で、夏季とくに美味とされる。刺身、吸い物、塩焼き、煮つけなどに賞味される高級魚。近縁種にシロダイ、タマメイチ、サザナミダイなど数種があり、とくに南西諸島に多い。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone