メイチダイ(英語表記)Gymnocranius griseus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイチダイ
Gymnocranius griseus

スズキ目フエフキダイ科の海水魚。全長 40cm内外。体は卵円形で強く側扁し,体高は高い。顎の前部に上下それぞれ2~3対の犬歯がある。眼間部に鱗を欠く。体は紫青色がかった銀灰色で,幼魚体側に7条の暗灰色の横帯をもつが,成魚では消失する。沿岸の岩礁にすむ。本州中部以南,インド洋に分布する。高級魚として食用に供される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイチダイ
めいちだい / 目一鯛
gray large-eye bream
[学]Gymnocranius griseus

硬骨魚綱スズキ目フエフキダイ科に属する海水魚。青森県以南の日本海岸、千葉県以南の太平洋岸、南西諸島や台湾沿岸、南シナ海、オーストラリア北西岸など西太平洋に分布する。体は卵形で、強く側扁(そくへん)する。体高は高く、体長は体高の1.9~2.3倍。頭部の上部外郭は大きく曲がる。目の下縁は吻端(ふんたん)と尾びれ中央部を結ぶ線よりもわずかに上方に位置する。頬(ほお)に4列の鱗(うろこ)が並ぶ。両顎(りょうがく)前部にそれぞれ2、3対の犬歯があり、側部には円錐歯(えんすいし)がある。背びれ棘(きょく)部の中央基部から側線の間の鱗は6枚。体長約40センチメートル。体は紫青色を帯びた銀灰色で、腹部は灰色。眼隔域(左右の目の間隔域)から目を通って頬に達する幅広い1条の褐色横帯がある。これがメイチダイの名の由来である。幼時には体側に約7条の断続した暗褐色横帯があり、普通は成長すると消える。しかし、ときには一瞬にして出現し、消失することがある。沿岸岩礁性の肉食魚で、おもに底生無脊椎(むせきつい)動物を食べる。体長15~17センチメートルで成熟を始める。産卵期は夏から秋。卵径は0.8ミリメートルぐらいの分離浮性卵。一本釣り、定置網、刺網(さしあみ)、底引網などで漁獲される。白身の肉で、夏季はとくに美味とされる。刺身、吸い物、塩焼き、煮つけなどに賞味される高級魚。近縁種にシロダイ、サザナミダイ、タマメイチG. satoiなど数種があり、とくに南西諸島に多い。[赤崎正人・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android