コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイド・イン・アメリカ メイド・イン・アメリカMade in America

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイド・イン・アメリカ
Made in America

1989年にマサチューセッツ工科大学が発表した同大の産業生産性委員会による報告書のこと。副題は"Regaining the Productive Edge"。同報告書は,アメリカの製造業は世界における圧倒的な地位を失いつつあるが,それは外国からの不公正な競争やアメリカ政府が無能なことにあるのではなく,アメリカの民間部門に深刻な欠陥があるためだとしている。そのアメリカ経済の問題点として,(1) 時代遅れの経営戦略,(2) 短期的視野,(3) 開発と生産における技術的弱さ,(4) 人的資源の軽視,(5) 協調体制の欠如,(6) 政府と産業界の足並みの乱れ,を指摘している。また,今後アメリカの製造業が国際競争力を維持し,アメリカが政治および軍事的地位を保持していくためには,民間部門のすべての段階で抜本的改革が必要であるとして,アメリカ製造業の大幅な変革を勧告している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メイド・イン・アメリカの関連キーワードAPEC舟崎克彦スペースシャトル飛行記録レーザレーダ追突警報装置木島始ナショナル・センター[各個指定]芸能部門大岡信温室効果佐佐木幸綱

メイド・イン・アメリカの関連情報