コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガテリウム Megatherium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガテリウム
Megatherium

貧歯目メガテリウム科の代表的化石属。大型の草食獣で皮膚には骨質小板がある。頭骨は低く長く,顎弓は強い。歯は管状四肢は頑丈で,前肢は把握的,後肢は蹠行性で鋭い爪をもち,前肢の指先を折り曲げて歩行する。南アメリカの新生代北アメリカ更新世地層に発見される。体長は約 6m。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メガテリウム【Megatherium】

アリクイやナマケモノ,アルマジロなどと同じ貧歯目に属する巨大な絶滅哺乳類の1属。オオナマケモノともいう。南アメリカおよび北アメリカ南部の鮮新世後期ないし更新世の地層から化石で発見される。クマのような体つきをしていたが,体長が最大で6mのものもありゾウより大きく,数tもある体重を後肢と尾で支えて立ち上がり,木の葉や若芽を食べていたとされる。歯は貧弱で,小さくて四角い柱状の歯がのびつづける無根歯で,咀嚼(そしやく)面には単純な2本の稜があるにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のメガテリウムの言及

【貧歯類】より

…グリプトドン科はヘルメット状の動かせない甲をもっていたが,これから分かれたアルマジロ科は,甲が可動性で,体を球状に丸めることができる。次に分かれたのは甲が退化したアリクイ科と地上生のナマケモノの類(メガロニクス科,ミロドン科およびメガテリウム科)で,後者から樹上生のナマケモノ科が分かれでた。北アメリカのメガロニクスにはウシ大,南アメリカのミロドンにはサイ大,南アメリカと北アメリカの両方にいたメガテリウム(オオナマケモノ)には,体長が6mもあり,ゾウよりも大きなものさえあった。…

※「メガテリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メガテリウムの関連キーワードアリクイ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android