コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メクネス メクネス Meknès

5件 の用語解説(メクネスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メクネス
メクネス
Meknès

モロッコ中央部,メクネス州の州都,フェスの西南西約 58kmに位置する。 10世紀にミクナッサ・ベルベル人により建設された町で,17世紀にはフィラリ朝の首都が置かれた。肥沃な農業地域の商業中心地であるとともに,絨毯を特産とするほか,毛織物,金属工芸品を産し,セメント,搾油,食品加工などの工業が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メクネス(Meknès)

モロッコ北部の都市。商業・交通の要地。オリーブブドウの栽培が盛ん。11世紀、ムラービト朝時代に建設され、17世紀から18世紀にかけて、アラウィー朝の首都が置かれた。城壁に囲まれたメディナとよばれる旧市街には王宮や大モスクが残り、マンスール門ムーレイ‐イスマイル廟ハディム広場などがある。1996年、「古都メクネス」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メクネス

モロッコ北西部の都市。アラビア語ミクナース。フェスの南西約50km,標高530mにある。農業地帯の中心で,商業・交通の要地。農産物加工,じゅうたん製造が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メクネス【Meknes】

モロッコ北部内陸の古都。人口40万1000(1993)。アラビア語でミクナースMiknās。中部アトラス山脈北麓の交通の要所にあり,11世紀ムラービト朝のとき城郭都市として建設された。17世紀アラウィー朝イスマーイールMawlāy Ismā‘īlが首都とし,豪壮な王宮を建て,モロッコベルサイユと呼ばれた。王宮のほかモスク,城壁,城門があり観光客が訪れる。農産物の集散地。伝統工芸の絨毯のほか,食品,毛織物,セメントなどの工業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メクネス
めくねす
Mekns

北アフリカ、モロッコ内陸部の都市。メクネス県の県都。人口53万0171(1994)。首都ラバトの東120キロメートル、中アトラス山脈北麓(ほくろく)の標高500メートルの高原上にあり、地中海岸と大西洋岸、サハラと海岸平野とを結ぶ交通の十字路に位置する。肥沃(ひよく)な農業地域における産物の集散地で、食品、繊維、セメントなどの近代工業と、皮革品、じゅうたん製造などの伝統工業がある。11世紀、ムラービト王朝時代に城郭都市として建設されたが、ムワッヒド王朝以後はマリーン王朝時代を除き、重視されることのない地方都市であった。1670年代に、アラウィ朝のスルタンのムライ・イスマーイールが首都とし、豪壮な王宮を建てモロッコのベルサイユとよばれた。1728年以降首都がフェズなどに移って衰退したが、フランス植民地時代にはその戦略的位置から軍事基地が置かれた。メディナとよばれる旧市街に、華麗なマンスール門、イスマーイール王宮跡、現王宮、モスク、神学校などがあり、外国人観光客も多数訪れる。古都メクネスは1996年世界遺産の文化遺産(世界文化遺産)に登録された。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メクネスの関連キーワードタンジールモロッコモロッコ革ボルビリスタトワンモロッカンアルホセイマナドールプチソッコモロッコ水晶の謎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メクネスの関連情報