コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メナイ海峡 メナイかいきょうMenai Strait

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メナイ海峡
メナイかいきょう
Menai Strait

イギリスウェールズ北西部,本土側のグウィネズアングルシー島を隔てる海峡。北東―南西方向の細長い水路で,長さ約 25km。幅は 180mから約 3kmにわたる。メナイ台地に刻まれた北東―南西方向の二つの長い谷とその間の南北方向の短い谷が,後氷期に水没して一つの水路を形成したものと考えられる。世界最初の近代的な吊橋といわれるメナイ橋(1826)と箱橋として知られるブリタニア橋(1850)がかかっていることで有名。メナイ橋はスパン長 176mで,バンガーホリーヘッドを結ぶ幹線道路が通る。ブリタニア橋はロンドンとホリーヘッドを結ぶ鉄道が通る鉄道橋で,1970年の火災で損傷したが,のち再建された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メナイ海峡
めないかいきょう
Menai Strait

イギリス、ウェールズ北西端のアングルシー島と本土との間の狭い水道。長さ23キロメートル、最小幅200メートル。19世紀に道路・鉄道用のブリタニア橋が架けられ、本土と結ばれた。南岸カーナーボンには、プリンス・オブ・ウェールズ(英国皇太子)の古城カーナーボン城が海峡に面して建っている。[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメナイ海峡の言及

【アングルシー[島]】より

…ローマ侵入時には,ケルト系ドルイド僧の避難所となり,中世にもグウィネズ地方の土着勢力の中心としてイングランドに対抗したが,1282年征服された。本土との間のメナイ海峡にはつり橋と鉄道橋が架設されている。ウェールズ語を話す人が多数を占める。…

※「メナイ海峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メナイ海峡の関連キーワードスティーブンソン(Robert Stephenson)スチーブンソンフェアベアンテルフォードビューマリスバンゴール橋(はし)カナーボン箱桁橋