コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メヘレン Mechelen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メヘレン
Mechelen

フランス語ではマリーヌ Malines。ベルギー北部,アントウェルペン州のダイレ川沿岸低地にある商工業都市。アントウェルペンとブリュッセルとのほぼ中間に位置する。ベルギー唯一の大司教座がおかれている。 11世紀リエージュ司教公領になってから,ラシャと魚の取引を行う港町として発達。フランドル伯領,ブルゴーニュ公領を経て 15世紀末にはハプスブルク家の勢力下でネーデルラントの最高裁判所がおかれ,16世紀初頭に総督となったオーストリアのマルガレータ治世下でネーデルラントの首都となり,文化の中心地として最盛期を迎えた。のち,首都はブリュッセルに移転したが,1559年大司教座がおかれた。鉄道,道路交通の要地で,17~18世紀に栄えたレース細工をはじめ,タペストリー,家具製造などの在来工業が発達。ビール,機械,鉄道車両関連工業,セメント建材,化学,食品加工業などの近代工業も立地。周辺部は国内第1の園芸地帯で,西ヨーロッパ有数の野菜市場がある。ファン・ダイク,ルーベンスなどフランドル派巨匠たちの祭壇画のあるシント・ロンバウト大聖堂 (13~15世紀) ,ルネサンス様式のマルガレータの宮殿 (1796以後裁判所) ,市庁舎 (1526) などの歴史的建築物が残存する。人口7万 5352 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メヘレン

ベルギー北部,アントワープの南約25kmにある都市。レース製造で知られるほか,皮革,印刷,食品などの工業が行われる。13世紀建設の聖ロンバウト教会は約100mの高塔をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メヘレン【Mechelen】

ベルギー北部,アントワープ州の都市。フランス語名マリーヌMalines。人口7万6000(1988)。ディルDyle川に臨み,アントワープとブリュッセルのほぼ中央に位置。ベルギー首座大司教座の所在地。レース製造で知られる。中世前期にはリエージュ司教領,フランドル伯領,ブラバント公領に次々と属し,ディル川による商業と毛織物業,造船業,金属工業などによって,強力な中世都市に成長。ブルゴーニュ公によるネーデルラントの統一により,その主要な行政・司法機関の所在地となり,15世紀末~16世紀初頭に最盛期を迎える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メヘレンの関連キーワードマルガレーテ・フォン・エステルライヒエドガール ティーネールリク ワウテルスエキュメニズムホイスマンスブリューゲルドドネウスフェデルブワウテルスローレモントロジエ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メヘレンの関連情報