コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メヘレン メヘレン Mechelen

3件 の用語解説(メヘレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メヘレン
メヘレン
Mechelen

フランス語ではマリーヌ Malinesベルギー北部,アントウェルペン州ダイレ川沿岸低地にある商工業都市。アントウェルペンブリュッセルとのほぼ中間に位置する。ベルギー唯一の大司教座がおかれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メヘレン

ベルギー北部,アントワープの南約25kmにある都市。レース製造で知られるほか,皮革,印刷,食品などの工業が行われる。13世紀建設の聖ロンバウト教会は約100mの高塔をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メヘレン【Mechelen】

ベルギー北部,アントワープ州の都市。フランス語名マリーヌMalines。人口7万6000(1988)。ディルDyle川に臨み,アントワープとブリュッセルのほぼ中央に位置。ベルギー首座大司教座の所在地。レース製造で知られる。中世前期にはリエージュ司教領,フランドル伯領,ブラバント公領に次々と属し,ディル川による商業と毛織物業,造船業,金属工業などによって,強力な中世都市に成長。ブルゴーニュ公によるネーデルラントの統一により,その主要な行政・司法機関の所在地となり,15世紀末~16世紀初頭に最盛期を迎える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メヘレンの関連キーワードアントワープアントウェルペンヘントブラバントジンメルの塔聖グマルス教会アントワープのマルクト広場ダイヤモンドランドスヘルデ[川]ベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メヘレンの関連情報