コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メムノン[ロドスの] Memnōn

翻訳|Memnōn

1件 の用語解説(メムノン[ロドスの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メムノン[ロドスの]【Memnōn】

前380?‐前333
ロドス島出身の軍人。アケメネス朝ペルシア帝国末期に小アジアトロアスに豪族の地位を占め,前336年マケドニアフィリッポス2世ペルシア遠征先遣隊を敗北させた。アレクサンドロス大王の遠征に対しては,彼の意見が入れられず,グラニコス河畔の戦(前344)でペルシア軍が敗北した後も,海軍力をもってアレクサンドロス遠征の背後を脅かしたが,病死した。彼の妻バルシネは後に大王の妻となった。【井上 一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

メムノン[ロドスの]の関連キーワード石勒前田友理香あだちあさみメッツ知念永尾宗大レオンホタテーズベティメルヘン須長

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone