ヘスペリデス(英語表記)Hesperides

翻訳|Hesperides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘスペリデス
Hesperides

ギリシア神話の「夕べの娘たち」。ヘシオドスによれば,エレボスニュクスの娘だが,ゼウスとテミス,あるいはアトラスの娘とする説もある。美声をもち,世界の西のはてにある楽園で,竜のラドンとともに黄金のりんごのなる樹の番をしていた。この樹は,ガイアがヘラのために,ゼウスとの婚礼を祝って生え出させたものという。通常,アエグレ,エリュテイア,ヘスペラレトゥサの3人とされるが,4人または7人とする説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘスペリデス

ギリシア神話の宵の明星ヘスペロス(ラテン名ウェスペル)の娘たち。西の涯の園(〈ヘスペリデスの園〉)に住み,ガイアがゼウスとヘラの結婚祝いに贈った黄金のリンゴがなる木の番をする。竜ラドンがこれを助けているという。
→関連項目ヘラクレス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘスペリデス【Hesperides】

ギリシア神話で,世界の西の涯の園に住む乙女たち。その名は〈宵の明星(古代ギリシア語でヘスペロスhesperos,ラテン語のウェスペルvesperと同源)の娘たち〉の意。ニュクス(〈夜〉)の娘とも,ティタン神アトラスの娘ともされ,数も3人,4人,7人の諸説があって一定しない。〈ヘスペリデスの園〉には,ガイア(〈大地〉)がゼウスとヘラの結婚祝いに贈った黄金のリンゴのなる木があり,彼女たち姉妹は竜のラドンLadōnの助けを得てそれを守っていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘスペリデス
へすぺりです
Hesperides

ギリシア神話で、「夕べの娘たち」の意味の下位神格。ニクス(夜)の娘、あるいはゼウスとテミスの娘、アトラスの娘など、系譜は諸説あって定まらない。またその数も3人から7人の間とされる。ゼウスとの結婚の祝いに女神ガイアから黄金のリンゴを贈られたヘラは、これを園に植えてヘスペリデスと竜のラドンに厳重に監視させた。これが「ヘスペリデスの園」であるが、その場所も世界の西の果てオケアノスのかなた、またはヒペルボレオイ(極北人)の国、アトラス山脈あたりなどとさまざまに説かれる。ローマ時代のベレニケ(ベンガジ)も「ヘスペリデスの園」とよばれた。なおここのリンゴは、ヘラクレスによって一度盗み出された。[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘスペリデスの言及

【ヘラクレス】より

…ヘラクレスはこの旅の途中,今のジブラルタルに至ったとき,ヨーロッパとアフリカの両岸に向かい合った巨大な2本の柱〈ヘラクレスの柱〉を建てた。(11)世界の西の果てにあるヘスペリデスの園から黄金のリンゴを取ってくること。園の近くに蒼穹を肩で支えている巨人神アトラスがいたので,ヘラクレスは彼にかわって蒼穹を背負い,その間にアトラスがリンゴを取ってきた。…

【楽園】より

…東洋の伝承でいえば,蓬萊(ほうらい),竜宮,補陀落(ふだらく)(補陀落渡海)などがこれにあたる。西洋の伝承では,古代ギリシア人が遠く太陽の沈む西方洋上に,祝福された死者の国ヘスペリアHesperia(西方の国)を想像し,とくに〈ヘスペリデスの園〉の伝説を生み出した。これは西の空に輝く宵の明星ヘスペロスHesperosの娘たち(ヘスペリデス)が,1匹の竜に助けられつつ黄金のリンゴを守る,常春(とこはる)の園のことである。…

【リンゴ(林檎)】より

…ギリシア神話で女神ガイアはゼウスとヘラの結婚式の贈物に黄金の実をつけるリンゴの木を贈っている。このリンゴの木は,のちヘスペリデスの園に植えられ,英雄ヘラクレスが取りに赴いた。また争いの女神エリスが〈いちばん美しい女神へ〉といって投げこんだ黄金のリンゴは,三女神(ヘラ,アテナ,アフロディテ)の美の競演をひき起こし,トロイア戦争の遠因となった。…

※「ヘスペリデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android