コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エオス エオス Eos

翻訳|Eos

6件 の用語解説(エオスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エオス
エオス
Eos

ギリシア神話の曙の女神。ティタンヒュペリオンテイアを父母とし,太陽ヘリオスと月セレネの姉妹にあたる。トロイの王子ティトノスを愛し,その種によってトロイ戦争で活躍する英雄メムノンを生んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エオス(Eōs)

ギリシャ神話で、曙(あけぼの)の女神。2頭立ての馬車に乗り、太陽神ヘリオスの先駆として空を走る。ローマ神話アウロラオーロラ)にあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エオス

ギリシア神話の曙の女神。ローマ神話ではアウロラAurora(英語のオーロラ)。ヒュペリオンテイアの娘。2頭の馬にひかれた戦車に乗り,太陽の先駆けとして空を馳せる同神は,ホメロスにより〈バラ色の指持てる〉〈サフラン色の衣まとえる〉と歌われている。
→関連項目アウロラヒュペリオンボレアスメムノン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エオス【Ēōs】

ギリシア神話の曙の女神。ローマ神話のアウロラ(英語のオーロラ)Auroraにあたる。ティタン神族のヒュペリオンの娘で,太陽神ヘリオスと月の女神セレネの姉妹。同じくティタン神のひとりアストライオス(〈星男〉の意)とのあいだにゼフュロスZephyros(西風),エウロスEuros(東風),ノトスNotos(南風),ボレアスBoreas(北風)などの風神と,暁の明星その他の星を生んだ。ランポス(光)とファエトン(輝く者)という名の2頭の馬がひく戦車に乗り,太陽神の先駆けとなって大空をはせる女神は,ホメロスの叙事詩に〈ばら色の指をもてる〉〈サフラン色の衣をまとえる〉女神と歌われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エオス【Ēōs】

ギリシャ神話の曙あけぼのの女神。ローマ神話ではアウロラ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エオス
えおす
s

ギリシア神話の曙(あけぼの)の女神。ローマ名ではアウロラ。ティタン神族ヒペリオンとテイアの娘で、太陽神ヘリオスと月神セレネの同胞。同族アストライオスの妻で、風や星たちの母ともされる。彼女はランポス(光)とファエトン(輝くもの)という名の二頭引きの馬車に乗り、毎朝太陽神ヘリオスの出現を告げながら空を駆ける。彼女は軍神アレスと交わったためにアフロディテの怒りを買い、その罰として、オリオン、ケファロス、ティトノス、クレイトスなど多くの人界の若者と恋に落ちた。夫アストライオスとの間には、風の神ゼフィロス、ノトス、ボレアス、さらに明けの明星などの子をもうけた。詩人たちは、「バラ色の指をもつ女神」「サフランの衣をまとった女神」と彼女を賛美した。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエオスの言及

【ウマ(馬)】より

… ところでこの馬に引かれた戦車に関連して,おそらくインド・ヨーロッパ語系の民族の移動とともに広まった神話が,広く旧大陸には分布している。すぐ思い出されるのはギリシア神話で,天馬があけぼのの女神エオスの車を引き,ファエトンが太陽神ヘリオスの二輪車を御し,天神ゼウスによってうたれる物語であろう。《リグ・ベーダ》でも,英雄神であるインドラは,2頭の名馬の引く戦車に乗って空を駆け,火の神,かつ太陽神であるアグニも輝く車に乗っている。…

【オリオン】より

…この先,彼の最期についてはさまざまの伝承がある。2人の仲を心配した兄神アポロンが妹のアルテミスをだまして,沖で遊泳中のオリオンを遠矢で殺させたとする説,オリオンがアルテミスを犯さんとしたため女神に射殺された,あるいは女神の放ったサソリに刺されて死んだとする説,さらには,オリオンは曙の女神エオスに恋人としてさらわれたが,それが他の神々の不興を招いたため,デロス島でアルテミスに射殺されたとする説等である。死後,彼は天に上げられて星となり,アトラスの七人娘プレイアデス(すばる)を追いかける一方,みずからはつねにさそり座の星から逃れようとしているという。…

【ケファロス】より

…アテナイ王エレクテウスの娘プロクリスProkrisの夫。曙の女神エオスに恋人としてさらわれたが,妻を恋慕してやまなかったので,女神のもとから故国に帰された。このとき彼はみずからの姿形を変え,高価な贈物をもって妻に近づき,彼女の貞節を試したため,そのしうちに憤った彼女は家を出たが,やがて2人は仲直りした。…

【セミ(蟬)】より

…中国では副葬品として含蟬と称するものがあった。ギリシアでは〈黄金のセミ〉がアポロンの持物であり,また日の出とともに鳴き始めるので暁の女神エオス(ローマではアウロラ)の持物ともされる。 日本の子どもはセミをとるのに細い竹竿の先にとりもちを塗ったものか,口径の小さい捕虫網を用いるが,東南アジアでは木の幹にとりもちを塗って大量のセミをとり,油いため,空揚げにして食する。…

【ティトノス】より

…ギリシア神話の曙の女神エオスの恋人。トロイア王ラオメドンの子でプリアモスとは兄弟。…

【涙】より

… 涙がなにか別のものに変わる神話や伝説も多い。愛する息子メムノンを失って以来,曙の女神エオスの流す涙は朝露となって地上のすべてをぬらしている。悲しみの妖精の涙は真珠になって虹の7色に光る(アンデルセン《最後の真珠》)。…

※「エオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エオスの関連キーワードウシャスエイレイテュイアディアナヒュプノス牧神アウトノエアモルネプトゥーヌスfloraギリシア・ローマ神話

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エオスの関連情報