コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリヨン メリヨン Méryon, Charles

2件 の用語解説(メリヨンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メリヨン
メリヨン
Méryon, Charles

[生]1821.11.23. パリ
[没]1868.2.13. サンモーリス
フランスの版画家,画家。フランス海軍に入隊,航海の途次に異国の風景や船のスケッチを残した。のち海軍を退き,色盲のためエッチング (銅版画) を志した。 1850~54年パリ風景をテーマとしたエッチングの連作を制作したが,当時は一部の識者を除いて認められず,失意のうちに 58年サンモーリスのシャラントン精神病院に入院。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メリヨン【Charles Meryon】

1821‐68
フランスの銅版画家。パリに生まれ,16歳で海軍兵学校に入学,以後航海士として世界を周遊。1847年下船してパリに戻り,版画家ブレリにエッチングを学ぶ。ゼーマンZeeman(1623ころ‐67ころ)の版画の模写を通してパリと海洋という終生のテーマをつかむ。《プティ・ポン》(1850)を嚆矢(こうし)として,54年までに《屍体公示所(モルグ)》などから成るシリーズ《パリ風景のエッチング》(22枚組,うち番号入り12枚)を刊行,ナポレオン3世下の改造により消え去ろうとする古いパリの町並みを,精密で堅固な描線によって描き留めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メリヨンの関連キーワードイルドフランスガバルニナントゥイユラブルール菅野陽藤若子松本儀平南桂子ジョリヴェトランプ・カードの画家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone