コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メータ Zubin Mehta

世界大百科事典 第2版の解説

メータ【Zubin Mehta】

1936‐
インドの指揮者。音楽家の父メーリMehli M.に手ほどきを受けた後,ウィーン音楽アカデミーに学び,1958年リバプール指揮者コンクールで第1位となり,ローヤル・リバプール・フィルハーモニー管弦楽団副指揮者。60年モントリオール交響楽団常任指揮者。ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団,イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団などで活躍ののち,78年ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メータ
めーた
Zubin Mehta
(1936― )

インドの指揮者。ボンベイ(現ムンバイ)生まれ。ウィーン音楽院でハンス・スワロフスキーHans Swarowsky(1899―1975)に指揮を学ぶ。1958年リバプールで行われた国際指揮者コンクールで第1位、翌年ウィーン・フィルハーモニーを指揮してデビューした。61~67年モントリオール交響楽団音楽監督、62~78年ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督、この間1965年にメトロポリタン歌劇場に進出。69年(昭和44)ロサンゼルス・フィルと初来日。77年以来イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督を務める一方、78~91年ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を兼任。98年からはバイエルン国立歌劇場の音楽総監督も務めている。バロックから現代まで、それにオペラも含めて広いレパートリーをもっているが、大編成で書かれた後期ロマン派の作品を豊麗に歌い上げるのを、とりわけ得意にしている。[岩井宏之]
『牛山剛著『イスラエル・フィル誕生物語』(2000・ミルトス)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

メータ
Gagavihari L. Metha


1900 -
インドの外交官
元・インド駐米大使。
1923年新聞編集員として勤務、’37年国際労働者会議に使用者の代表として出席、’39年商工会議所連盟会長、’47年関税局長官、’50年国家計画委員を歴任、’52年から駐米大使を務める。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

メータの関連キーワードロサンゼルス・フィルハーモニックニューヨーク・フィルハーモニックフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団カルロ・マリア ジュリーニヴィヴィアン ハーグナーエマニュエル アックス電気マイクロメータ接眼マイクロメータフォトコンパレータシャロン ベザリーマイクロメータロボットセンサ定偏角プリズムモノクロメータデプスゲージサラ チャン愛知時計電機コンパレータグラフテック精神電流計

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メータの関連情報