コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクマオウ Casuarina stricta Ait.

世界大百科事典 第2版の解説

モクマオウ【Casuarina stricta Ait.】

枝がトクサを大きくしたような特異な形態になるモクマオウ科の常緑高木。双子葉植物で,オーストラリア原産。オガサワラマツともいわれる。小枝は細く灰緑色で,縦に多数の細い溝があり,著しい節がある。葉は小さい鱗片状で9~12枚が輪生するが,基部は互いに合着し,節をとりまく鞘となっている。雌雄同株。枝先に細長い雄花序を生じ,輪生する苞の(えき)に2小苞2花被に囲まれた1本のおしべからなる雄花をつける。雌花は短い柄の先に,ほぼ球形の花序をなし,苞の腋に2小苞に包まれて1本のめしべがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モクマオウ
もくまおう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モクマオウの関連キーワードモクマオウ(木麻黄)小笠原の外来植物根粒バクテリアマイマイガ小笠原諸島オセアニア常磐檉柳常磐御柳窒素固定木麻黄

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モクマオウの関連情報